西野七瀬

西野七瀬

西野七瀬「道を選べるならば、楽な道
よりも苦しい道に進みたい」 舞台「
みんな我が子」で海外戯曲に初挑戦【
インタビュー】

 西野七瀬が、5月10日から上演されるCOCOON PRODUCTION 2022/ DISCOVER WORLD THEATRE vol.12「みんな我が子」-All My Sons-で、2度目の舞台出演を果たす。本作は、アメリカの片田舎に暮らす家族とその隣人、そして友人・家族に起こった1日を描いた物語。アメリカの劇作家、アーサー・ミラーの傑作戯曲を、堤真一、森田剛、伊藤蘭らを迎えて上演する。森田演じるクリスと引かれ合うアン役を演じる西野に、本作への意気込みや俳優業への思いなどを聞いた。
-劇団☆新感線の「月影花之丞大逆転」に続いて、2作目の舞台出演となります。出演が決まったときの心境から聞かせてください。
 こんなにも早く、次の舞台のお話を頂けるとは思っていなかったので、本当にびっくりしました。
-初舞台を経験し、舞台に対する意識は変わりましたか。
 そうですね。それまでは舞台に出演するのは怖いという思いがあったのですが、挑戦してみたら、皆さん温かく迎えてくださって、映像の作品とはまた違ったことを学ぶことができると感じました。実は、今回のオファーもすごく迷ったんです。初めてのことも多く、難しい戯曲なので、どうしようって。ですが、この作品を通して学べることもたくさんあると思うので、挑戦させていただこうと思いました。私にとっては大きな壁ですが、自分で決めたことなので、精いっぱい頑張りたいと思っています。
-劇団☆新感線の舞台では、どんなところに演劇の面白さを感じましたか。
 すごく楽しく、恵まれた環境の中で演じることができたので、少しずつ余裕を持って演じることができるようになりましたが、面白さを感じられるほどの経験はまだないので、どこがというのは難しいですね…。ただ、映像と違って、舞台では繰り返し同じ作品を演じることができるので、失敗したり、後悔してしまう部分があったとしても、そこを日々の公演の中で取り戻せているという感覚がありました。毎回、次はこうしようと思いながら演じていたので、そこは映像作品とは違うと思います。そうして何度も演じられたからこそ、心残りはなかったです。
-では、初舞台を通してご自身の中で成長できたと思うことは?
 自分ではあまり分からないです。前回は、動き回ったり、転がったりしたので、受け身は上手に取れるようになりましたが、きっと今回はそれは使わないと思うので(笑)。ですが、今回もまたたくさんのことを学べると思うので楽しみにしています。
-海外の戯曲には初挑戦ですが、台本を読んでどんなことを感じましたか。
 正直なところ、難しかったです。私たちが普段は使わないような言い回しも多かったので、独特だなと思いました。私が演じるアンは、感情の起伏がある役柄なので、どんな気持ちでこのせりふを言っているんだろうと、まだ分からないことだらけです。なので、今は不安が大きいです。
-西野さんが演じるアンは、どんな人物なのですか。
 もともとはケラー家の次男ラリーの婚約者だったのですが、ラリーが亡くなり、今は彼のお兄さんのクリスに思いを寄せているという人物です。まだ感情の流れがつかめていないので、これから頑張って作っていきたいと思います。
-今回は、初共演の人が多いですね。
 多分、最初は誰の目も見られないぐらい緊張してしまうと思います(笑)。堤さんは、周りの役者さんから、気さくで素晴らしい方だと聞いていて、関西出身という共通点を生かしてお話しさせていただきたいと思います。森田さんは、ストイックな方という印象です。2人で会話をするシーンも多いので、いい関係を築けたらと思っています。
-ところで、先日は第45回日本アカデミー賞で優秀助演女優賞を受賞しました。乃木坂46を卒業して約3年、俳優として活動してきたこの期間を、改めて振り返ってみてどんな3年間でしたか。
 あっという間でした。
-順調に歩んでいるように見えましたが、ご自身の中では大変なことも多かった?
 もちろん、楽しいこともたくさんありましたが、同じぐらい悩んだり、乗り越えなくてはいけない壁もあったと思います。私は、道を選べるならば、楽な道よりも苦しい道に進みたいんです。この3年間は、特に、そういう選択をしてこられたんじゃないかなと思います。
-難しい道を選びたいというのは、その方が成長できたり、達成感が得られたりするからですか。
 それもありますし、簡単にできてしまうことは面白くないとも思うんです。それに、20代はまだまだ人生の最初のステージだと思うので、それならば荒波にもまれた方がいいと思っています。30代を楽しくするためにも、20代はたくさん苦労した方がいいのかなと。とはいっても、私は昔からどんなにしんどい現場でも楽しみを見つけられるタイプなので、基本的にはなんでも楽しくやれています。そこは自分のいいところなのかなと思います。
-では、今後の俳優としての目標は?
 実は先の目標はあまりないんですよ。今、頂いているお仕事を一つずつ一生懸命やっていって、世に出たものを見ていただけたらうれしいなと思います。
-改めて、本作への意気込みを。
 たくさんもがいて作り上げていくことになると思います。あまり思い詰めずに、楽観的な自分もなくさずに取り組みたいです。よろしくお願いします。
(取材・文・写真/嶋田真己)
 COCOON PRODUCTION 2022/ DISCOVER WORLD THEATRE vol.12「みんな我が子」-All My Sons-は、5月10日〜30日に都内・Bunkamuraシアターコクーン、6月3日~8日に大阪・森ノ宮ピロティホールで上演。
公式サイト https://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/wagako2022/
[gallery columns="1" size="medium" ids="1327965"]

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着