映画『機動戦士ガンダム ククルス・
ドアンの島』 子供の日特別ビジュア
ルを解禁 内田雄馬と廣原ふうよりコ
メント到着

6月3日(金)より全国ロードショーとなるアニメ映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』。本作の子供の日特別ビジュアルが解禁となった。
今回のビジュアルで描かれるのはククルス・ドアンと共に過ごす島の子供たち。描いたのは総作画監督をつとめた田村篤だ。
加えて、島の子どもたちのからマルコスとカーラを演じる内田雄馬、廣原ふうからのコメントも到着している。
【内田雄馬/マルコス役 コメント】
(c)創通・サンライズ
今回、「機動戦士ガンダム」シリーズの源流ともなる本作に参加させて頂きとても嬉しかったです。マルコスは、島の子供達の中で年齢は少し上でアムロと同年代。いつもドアンのようになりたい、力になりたいと思ってはいるのですが、まだ自分にはその力が無いことをアムロを通して自覚していき、大人になる手前のもどかしさや葛藤がある青年だと感じていました。しかし、その中で悩み立ち向かい、大切なものをどう守れるか見つけていくキャラクターはとても素敵だと思っています。本作はヒューマンドラマ的な要素が特にしっかり描かれていて、島の子供達が懸命に生きている姿にも注目して貰えたら嬉しいです。
【廣原ふう/カーラ役 コメント】
(c)創通・サンライズ
オーディションでは、まさか本当に合格を頂けると思っていなかったので、腰が抜けそうなほど嬉しかったですが、最初に台本を開いた時に、本当にガンダムという作品に携わる事が出来るんだと、その時にとても実感が湧いてきました。カーラは16歳の少女ではあるのですが、今どきの少女ではなく戦争という厳しい世界の中で生きる少女になるよう意識していたので、今の時代を生きる少女には無い少し大人びていて、どこか暗い雰囲気もあるような心の部分を表現するのがとても難しかったです。本作ではそれぞれのキャラクター達にどのような心情の変化や影響があったのかなど、とても繊細に描かれており、感動する作品となっています。私が感じた感動を是非、劇場で皆さまにも感じていただきたいです。
公開が待ち遠しい本作、上映開始時には劇場に足を運びたい。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着