中川翔子、約3年ぶりにリアル開催と
なったバースデーライブの公式レポー
トが到着

中川翔子が5月5日(木・祝)にチームスマイル豊洲PITで3年ぶりバースデーライブを開催した。本記事では同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

2022年5月5日(木・祝)、豊洲PITにて『Shoko Nakagawa LIVE 2022 三年ぶりのバースデーライブレベルアップ進化そして20周年パーティー!みんなでドリドリしながら天元突破でフレフレしようぜ!』と題したバースデーライブが行われた。中川のバースデーライブは、コロナ禍の影響を受けて約3年ぶりにリアル開催となった。
オープニングSEにあわせて、お客さんの手拍子とともに中川が登場。今回の衣装は本人プロデュース。蛍光のレースと編み込みを組み合わせたスポーティな雰囲気で、スカート部分はPVC素材を使用しており照明の当たり方や見る角度によって違った表情を見せる今回のバースデーライブ特別仕様となっている。
「みんなー3年ぶりー!!盛り上がっていくぞー!」の声とともに、愛用のキラキラハンドマイクを手に、ド頭からライブの定番曲「ドリドリ」、「キラキラ-go-round」で会場を盛り上げていく。
中川翔子
中川翔子
中川翔子
最初のMCで中川は「豊洲PITにお集まりの皆様―!会いたかったよ!!みんな元気でいてくれてありがとう!久しぶりなのでやりたい曲を詰め込んだセットリストになりました!レベル37、スタミナ3下がった、いろけ999上がったぞ!」と話していた。

ここからは懐かしのナンバー「みつばちのささやき」、「pretty please chocolate on top」と続く。
「久々なのにあっという間に時空が過ぎていく!ちょっと地球よ、とまれ!」と時間の流れを惜しんでいた。
自身で作詞も手掛けた「blue moon」から一転、「フレフレ」では久しぶりの「フレフレダンス」を披露。歌手・タレント・女優・声優など、色々な面を持っている彼女だからこそどこを見ても飽きない、これこそしょこたんの強みだ。
今年3月9日にリリースした映画しまじろう『しまじろうと キラキラおうこくの おうじさま』の主題歌「君のまんまが いいんだよ」では、しまじろうカラーの黄色ペンライトに包み込むと、そのカップリング「雲の上に雲はなくて」もライブ初披露。中川は、この2曲に関して、「ネガティブな瞬間が多くなりがちだし、なかなか自分のことを愛せないときが多いけど、この曲にすごく背中を押してもらえた。自己肯定感UPの魔法の曲」と語った。
続いては、リアルで、歌を届けたかった楽曲「ある日どこかで」。父・勝彦が残した言葉、歌詞の断片を元に繋ぎ合わせて作成されたという本人の思い入れの強い一曲となっている。
ここからは怒涛のロックパート。タオルを振り回したり、激しいギターソロと畳みかけたあとに本編ラストは中川の代表曲「空色デイズ」。待ってましたと言わんばかりの拍手で、大盛り上がりのまま本編は幕を閉じた。
たくさんの拍手でアンコールに迎えられ、再び本公演のオリジナルグッズTシャツ姿で登場した中川。
中川翔子
中川翔子
ここでライブロゴが入った特注の巨大バースデーケーキが登場。ロウソクの火を消したあとは会場の皆さんと記念撮影をし、改めてレベル37を祝福した。
“最後、タオル曲やってもいいですかーー?”の掛け声とともに「タイプ:ワイルド」そして「rainbow forecast」ではメンバー紹介。今回の中川バンド『貪欲戦隊ギザレンジャー』には、ドラムとしてゲーム音楽メタルドラマーYouTuberの“ダイナ四”さんが初参加。初めての共演とは思えない中川との掛け合いを見せた。
昨年YouTubeに上げた水着動画『100億年ぶりの水着…。恥ずかし過ぎて泣きそう…。』が1200万回再生突破。この動画をきっかけとして6月8日に写真集『ミラクルミライ』の発売が決定している。発売記念と題しサイン本のお渡し会が決定したこともライブ中に発表した。
中川翔子

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着