渡辺美里が伝説のライブの続きを開催
、あの夏に届けたかった”歌うはずだ
った”楽曲を熱唱

渡辺美里が、5月5日(木・祝)東京・渋谷LINE CUBE SHIBUYAで<渡辺美里スペシャルライブ パイナップルロマンスのその先へ “雨のバカ~” 2022>と題したライブを開催、伝説のライブとして知られる雷雨の為に途中で中止となった1989年に行われた西武球場でのライブの“続き”を披露した。

伝説のライブとして語り継がれている<1989年 西武球場 SUPER Flower bed BALL ‘89>。このライブは西武球場にて2DAYSで開催され、2日目のライブ(1989年7月26日)が雷と豪雨のため途中で中止となったことで知られる。渡辺美里はライブが続行不可能と判断されたことを知ると、泣きながら「青春のバカヤロー!! 雨のバカー!!」と叫び、それでも気持ちが収まらず、アカペラでお客さんと一緒に「My Revolution」を歌った。そのことで、伝説のライブと呼ばれるようになった、あのライブ。
今回はその続きを行おうと企画されたライブで、あの日に歌うことができなかったセットリストを披露・パフォーマンス。

途中換気休憩を挟む2部構成で行われ、第1部では途中で中止となったライブの“歌うはずだった”曲たちを歌唱。当時のライブ映像をバックにヒット曲「すき」を歌唱するなど当時歌うことのできなかったセットリストを披露、自身もMCで「あの日の忘れ物を取りに来ました!」と過去の自分に決着をつけた。

第2部では、“その先へ”として1989年以降に発表した楽曲たちをパフォーマンス。途中、13曲のメドレーを含むなど全42曲を熱唱、最後は最新のオリジナルアルバム『ID』から「It’s All Right」で幕を閉じた。この日のライブは6月26日にWOWOWで全曲ノーカットで放送されることも決定している。
渡辺美里は7月に開催されるカバー企画のライブ<うたの木 彼のすきな歌Vol.1>に続き、10月から開催となる全国ツアー<プレミアムツアー Good Time ’22~’23>も発表し、ファイナルは2月4日に日本武道館で行われる。

アーティスト

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着