川野夏美、恒例チャレンジライブで吉
田拓郎、あいみょん、AKB48ら歌う

川野夏美が、5月6日(金)東京・内幸町ホールで<チャレンジライブ”VOL.4>を開催した。

新元号“令和”にちなみ、新たな時代とともに自身のさらなる飛躍を目指すために始めた同ライブ。タイトル通り、毎回様々なことに挑戦をするのが好評なライブも今回で4回目を迎えた。

今回は、元チューリップのメンバーである丹野義昭を中心に豪華メンバーで結成された“THE CRICKETS”をバックバンドに、J-POP、フォーク、シティ・ポップの名曲の数々にチャレンジした。代表曲「悲別~かなしべつ~」、最新曲「想い千すじ」では、自身がギターを手に、弾き語りで歌唱。また、バンドサウンドであいみょんの「裸の心」、AKB48「恋するフォーチューンクッキー」などJ-POPのヒットチューンを熱唱した。
MCでは、「初めて歌った「裸の心」は少しこぶしの回ったあいみょんになっちゃいました! ほかにも今までに歌ったことのない曲ばかりを歌わせてもらい感激です!」と緊張しながらも、集まった多くの観客の前で、普段ステージで歌うことのないチャレンジ曲を交えた全18曲を披露し、新たな川野夏美の魅力が引き出されるステージとなった。

【川野夏美 コメント】 自分にとってこのチャレンジライブは色んなことを学ぶことができ、毎回モチベーションを保つのに最適なとても大切なものです。毎年色んなことに挑戦していきながらライフワークとして続けていきたいです。最後に今回は延期で一時期開催も危ぶまれましたが、何とか開催できたこと貴重なGWにライブに来てくれたお客様に感謝です。来月には新曲「空席」のリリースも控えているので頑張っていこうとおもいます。

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着