イベントの模様

イベントの模様

志尊淳がハマっていることは? 「週
4でタコライスばっかり」

イベントの模様(c)2022「バブル」製作委員会 テレビアニメ「進撃の巨人」シリーズ、「甲鉄城のカバネリ」の荒木哲郎監督と「SPY×FAMILY」のWIT STUDIOによるオリジナルアニメ「バブル」の公開直前イベントが5月9日、都内で行われ、主人公の声優を務めた志尊淳、荒木監督、本作のパルクール監修をしたパルクールアスリートのZENが登壇した。
(c)2022「バブル」製作委員会 物語の舞台は、世界に降り注いだ泡(バブル)で重力が壊れた東京。主人公・ヒビキは、幼い頃から特殊な聴覚を持つ少年で、ある“音”をずっと探し求めていたところ、ウタという言葉を知らない謎の少女と出会う。ヒビキが探していたその“音”はウタにも聞こえ、“音”に導かれて出会った2人は徐々に心を通わせていく。
 イベント前に観客と共に自身初となるMX4Dを体験した志尊は「この作品こそMX4Dで楽しめる作品だと思いました。最初は『こんなに動くんだ、水くるんだ』と驚きだったんですけど、途中からグッと没入感がすごいなって感じて、画に合わさった動きでアトラクションに乗っているみたいでした」と楽しんだ様子。
(c)2022「バブル」製作委員会 ヒビキらが行うパルクールのシーンは、映画「HiGH&LOW」シリーズから影響を受けたそうで、荒木監督は「ルードボーイズの動きをめちゃめちゃ見ました。佐野玲於さんの動きは、後半のあるキャラクターの動きに生かしました。劇場版も全て見ましたね」と志尊、ZENも出演した「HiGH&LOW」シリーズを語る。
 ZENは、本作のパルクールシーンについて「細かいところのディテールを再現していると思いました。基本的にアニメーションだと超人的な動きが多くて、現実離れした表現になりがちなのですが、この作品ではほとんど違和感がないので、かなりの研究がないとできない表現だと感じました。きっと重力が軽くなったらこういう技ができるのかと、刺激をもらいながら見ていました」とリアルな描写を絶賛した。
(c)2022「バブル」製作委員会 没入して映画を楽しめるMX4Dでの上映にちなみ、イベントでは自身が“没入・ハマっているもの”を紹介することに。志尊は「去年はゴルフにハマっていたんですけど、今は週4でタコライスばっかり食べています。某アプリですぐ来るので、野菜もとれるし、美味しいのでタコライスばっかり食べちゃっています」と最近のブームを明かした。
 イベント後半にはスペシャルゲストとして、パルクールの世界チャンピオンの朝倉聖選手、パルクール日本チャンピオンの永井音寧選手もそれぞれ登壇した。「バブル」は5月13日に劇場公開。

アーティスト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着