「Roseliaを超えられるのはRoseliaだ
け。5年目への覚悟にキミはついてい
けるか?」 ミニAlbum『ROZEN HORI
ZON』発売記念インタビュー

ブシロードが手がけるメディアミックスプロジェクト『BanG Dream!』よりRoseliaのニューミニAlbum『ROZEN HORIZON』が2022年5月18日に発売となる。そこでSPICEでは5人のメンバー全員にお集まりいただきインタビューを敢行。全員集合しているということで、座談会形式で収録楽曲についての振り返りトークをたっぷりと行って頂いた。“新生Roselia”と言っても良いくらいのチャレンジングなミニAlbumに込められた想いを、ここだけでしか知り得ないエピソードも飛び出すくらいのボリュームでお届けしよう。

「Roseliaの“変化の象徴”」
――今回はミニAlbum『ROZEN HORIZON』の発売記念ということで、Roseliaの皆様にお集まり頂きました。まずは今回のミニAlbumについて、どんな内容になっているのかをお聞かせください。
相羽:まず、ガルパ(『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』)のバンドストーリーの方でRoseliaが事務所に所属して、ミニAlbumを製作するという流れになっていまして、それにリンクする形で我々、リアルバンドの方もミニAlbumをリリースすると。加えて今回『ROZEN HORIZON』の1曲目が「Sprechchor」となっているんですが、これも実はゲーム内とリンクしていまして、今まで以上にRoseliaとシンクロするような一枚となっています。
相羽あいな
――せっかく皆さんお揃いになっているので、座談会みたいな形で1曲ずつたっぷりと振り返って頂けたらと思うのですが、では早速1曲目の「Sprechchor」ですね。皆さんにとってどんな楽曲になるのでしょうか?
工藤:この曲はガルパのストーリー的には3章の辺りだったよね?
相羽:あ、そうそう!まずこの話をする前に「LOUDER」って大切な曲について話さないと!この曲は元々、私が演じる湊友希那ちゃんのお父さんの曲なんです。父の夢を代わりに果たす……みたいな感じでRoseliaとしてカバーして人気を得ていくんですが、大舞台のライブに出るにあたってこの曲を披露するしないでひと悶着あったんです。
工藤:「LOUDER」するしないで揉めたよね~!……私たちじゃなくて「キャラクターが」ですよ(笑)。事務所に所属してプロになるにあたって、いつまでも「LOUDER」に頼りっぱなしじゃRoseliaとして成長できないので「LOUDER」から卒業しよう!みたいな流れがバンド内にはあって、ただ事務所からすると……みたいな。「Sprechchor」はそんな「LOUDER」の代わりに作り上げた楽曲なんです。だからこの曲に対しては“変化の象徴”みたいな印象がありますね。
櫻川:私的にはライブで初披露した時の印象が強いですね~。確か、何かのライブの最後で演奏したんですよね。……何だっけ?(笑)
中島:『The Beginning』じゃない?
櫻川:『The Beginning』だ!(笑) Poppin'Party(ポピパ)さんとの初の合同ライブの1日目の最後に披露しました。やっぱり我々としても念願のポピパさんとの対バンという事もありましたし、『バンドリ!』の最初のリアルバンド2組に対するエールみたいな意味にもなって、すごく綺麗に1日目の最後を締めくくれたなって。このライブを象徴するような曲に感じて、ライブが終わった後もよく聞く曲になりました。
相羽:ライブの話の流れに乗っかると、元々ガルパなどでワンコーラスは聞けたのですが、フルコーラスを披露したのはその時が初だったんですよ。私そのことをすっかり忘れてて(笑)。てっきりもうフルver.を公開されてるもんだと思い込んでたので、曲が2番に突入した時の皆さんの反応だったり、ライブ後にもSNSとかで「『Sprechchor』、すごく感動した」みたいな声が多くて印象に残ってますね。曲調的にもこれまでにない感じというか……。

志崎樺音

――そうですね。サウンド的にも今までのハードロックとかヘヴィメタル調というかは、“エモ”っぽい感じがしました。
志崎:私もこれまでのRoseliaとは違った魅力がある曲だと思っていて、キーボード的にはコード進行が印象的でした。シンプルなのにとってもキレイなコード進行が新しいRoseliaを象徴しているのかなって感じて、あとこれはベースの話なんですけど、曲の最後にベースが上がっていくようなコードになっている所があって……。
中島:わかる!そこ好きー!
志崎:そうやって上がっていく所も、Roseliaのこれから先の成長みたいなのを暗示しているように感じられて、そこにも注目して聞いて頂けたらと思います。
中島:ホントに今のRoseliaの象徴みたいな部分だと私も思っているので、階段のように上がっていくその部分は絶対に踏み外せないなっていうプレッシャーもありますけど(笑)。
櫻川:大丈夫だよ!今のところは問題なくリズム隊としてもやれてるので(笑)。
中島:私としてもやっぱり、区切りではないですけどRoseliaとして新しい方向を見つけていく中でたどり着いた“神秘的なRoselia”というか、音的にも前向きな音が入っていたりとか、ベース的にもそんなに音数が多いわけじゃないので、いつも以上にリズムキープが出来たり、あえて他のメンバーとは違った動きをしてるように感じる部分がいくつもありましたね。
「Roselia✕Eveの新鮮さ」
――ありがとうございます。それでは続いて2曲目の「閃光」ですが、こちらはEveさんからの楽曲提供という事もあって、個人的にはギターのリフレインがEveさんっぽいな~なんて感じました。工藤さんいかがでしょうか?
工藤:今までのRoseliaにはないリフを刻んでるので、そういう意味ではすごく新鮮でしたね。エフェクターとかも新しい音を使ってる感じがして、やっぱりEveさんらしいすごいオシャレな楽曲になっていますよね。
櫻川:リズム隊もいつもと違った“食わせ方”、いわゆるシンコペーションが違ったので、音源を聴いてみての最初の感想が「合わせるの大変そうだな(苦笑)」だったんですけど、ゆっきーはどうだった?(笑)
中島:そうね~、やっぱり全体的にEveさん節が効いてるなっていうのが第一印象としてあって、ベース的には半音下がってる所があったりするのかな? そういう点が今までのRoseliaにはない要素だったので、EveさんがRoseliaと混ざるとこんな感じでマッチするのか~って感じました。
志崎:ギターのリフが印象的って話がありましたけど、キーボード的には曲の作り方がピアノの人とは全く違うので、ギタリストの人はピアノをこうやって使うんだみたいな発見が個人的にはすごく新鮮で、早くライブとかで弾いてみたいなってワクワクしましたね。
志崎樺音
――ゲームサイズは既に公開されていると思いますが、実際に歌ってみての相羽さんの感想もお聞きしたいです。
相羽:やっぱりボーカルの高低差が激しいので、そこにEveさんらしさを感じつつ、最初に頂いてた曲がもうちょっと低かったんですけど、高さより低さがどうしても出ないって事でこの音程に落ち着きました。歌詞の譜割りも独特で、やっぱり歌っていても新鮮みがありましたね!
櫻川:「廻廻奇譚」をカバーしてるあいあいの歌声を聞いて「Eveさんとあいあいの歌声、すごいマッチしててカッコいいな」って思っていたので、当然といえば当然なのですが、今回はカバーじゃなくて我々のために書き下ろして頂いたので、よりフィットした音域でのあいあいの歌をぜひ聞いてもらいたい!ので、MVも合わせてチェックして頂きたいですね。
相羽:うんうん!MVもまた今までとは全然違ったテイストで、なんかちょっとした映画みたいになっているんですけど、でも所々でRoseliaやEveさんをイメージさせるものが散りばめられていたりもするので考察の余地もあるのかなと。
工藤:Eveさんにも聞いてみたいよね。どういうテーマで作ったのか?とか、どんなイメージで~……みたいなお話を。ぜひ対談したいです!
全員:したいです!(笑)
「 声出しできる日を待ち望んで、聞き込んでおいてほしい」
――どんどん行きましょう!3曲目は「THE HISTORIC...」ですが、この曲は当初「タイトル未定」として発表されていましたよね。
相羽:そうなんです。この曲もガルパのストーリー内で、アルバムを作るぞー! という話の中で登場する楽曲になっています。そして生まれたのが「THE HISTORIC...」です。
工藤:レコーディング自体は、もう結構前だったよね?楽器隊的にはハモも全然なくて、コーラス部分とその部分のハモぐらいだったので、すぐ終わった印象があります(笑)。
櫻川:うんうん、なのでこの曲はあいあいにたくさん聞いてください(笑)。
相羽:プロとしてデビューしてライブを行う中で、色んな方々がRoseliaに携わってくれるようになっていき、これまでは5人でRoseliaだったのが、例えば音響のPAさんみたいな裏方の皆さんも含め、全員でRoseliaを作り上げていくんだな!という事にメンバーそれぞれが気付く、という内容のストーリーから生まれた曲なんですけど、まさにその通りの歌詞になっています。

相羽あいな

――この曲も「Sprechchor」同様に、新たな決意を感じさせる歌詞になっていますよね。
相羽:はい。さらに言えば、私たちも覚悟を決めた分、あなた達もちゃんと覚悟して付いてきてね! ということを歌っているので、この曲もやっぱり新たなRoseliaを予感させる1曲かなと思います。
工藤:この曲が持つメッセージみたいなのは、全部Aメロに集約されていますよね。「あの日 開かれた道 序章は告げた 偉大なるスタートを」っていうのがプロとしての第一歩の部分ですよね。
相羽:プロとしての覚悟を決めて完璧なライブをするぞ!っていう初心表明みたいな曲になっていますね。
櫻川:この曲はコーラスが非常に多いので、早くみんなで声出してライブできるようになって欲しいよね~。
相羽:それはどの曲でも言えることだよね!「Sprechchor」とかでもさ!
櫻川めぐ
櫻川:「Our one dream~」の所だよねー。いつか声出しOKになるその日を待ち望んで、たくさん聞き込んでおいて欲しいよね。この曲は「Are you ready? We are ready」がずっと繰り返されるからめちゃくちゃ覚えやすいと思う(笑)。「BLACK SHOUT」は、歌詞カードでいう( )の中のコーラス部分が全部違うじゃん?うちの家族、あそこの部分をホント適当に言ってて、聞いてるこっちとしてはめちゃくちゃ恥ずかしいの(笑)。
一同:(爆笑)
工藤:大丈夫、大丈夫。私もたまに間違えるから(笑)
相羽:それはフォローになってるのか?(笑)でもこの曲なら簡単だから、めぐちぃの家族も絶対に間違えないね!
「 ドン底からでも這い上がってみせる!これぞ上松節!!」
――それでは続いて「ROZEN HORIZON」についてお聞きしたいと思います。
相羽:この曲を書いてくださったElements Gardenの上松さんから聞いた話によると「FIRE BIRD」を作った際にはもう既に“FIRE BIRD第2章”的な感じでこの曲の構想があったらしくて、約3年越しにようやくお目見えみたいな感じではあるのかな。
工藤:ていうか、えっ待って。もう「FIRE BIRD」から3年も経つの?!時の流れが速すぎるんだけど……そりゃもうテクニック的にも「演奏出来ません」とは言えないよね(苦笑)。
相羽:けど、またそれぞれに新たな課題を課される部分があったり、(曲調が)速いし、長いしみたいな……。
中島:ここまで長い曲は初めてだよね?6分は最長のはず。あと歌詞に「Roselia」って入るのも初めてじゃない?
櫻川:確かに!(笑)あと、サビ前のところ、めっちゃムズくない?
志崎:まさに歌詞の「Roselia」ってところね!本来なら1拍あけてブレスを入れたい所なんですけど、演奏しながら、しかも皆で合わせて歌に入る部分でもあるので、楽器隊的には結構忙しいんですよ。MV撮影の時に苦労しました(笑)。
相羽:各パートも見せ場があるし、友希那との掛け合いもたくさんあって、しかもここまで細かく譜割りされてるのはやっぱりこの曲が初かもしれないです。
――個人的にもこの曲の第一印象として、もう“全部”というか、これまで築き上げてきたモノの集大成みたいな印象を受けました。
相羽:これまでも、例えばBメロを一行ずつ歌っていくみたいな譜割りはありましたけど、友希那が歌って全員が歌って、しかもサビもそのパターンっていうのは初めてでしたね。
――すごい勝手なイメージですけど、やっぱり上松節が全開というか「上松さんこういう曲好きそうだな~」っていうのはすごく感じましたね(笑)。
工藤:「ROZEN HORIZON」も「FIRE BIRD」も上松さんが歌詞の方も書かれてるんですよね。それで、この曲のデモを頂いた時に色々とトータルで凄すぎて「やっぱ上松さんって天才なんすね!」って、もう圧倒されすぎて語彙力なくなっちゃった人みたいな、浅い感想を言っちゃったんですけど(笑)。そうしたら「もう命を削る想いで作ったよ」っておっしゃってて。だから最後のサビの「Roselia…この名を残す為すべてを賭ける」って歌詞、これ上松さんのことじゃんって思って(笑)。
一同:(爆笑)
工藤:いやでも、これなかなか普通の感覚だと出てこない歌詞じゃないですか?!本当に身を削りながらこの曲と向き合ってくださったんだなって、スゴいなって改めて思ったんですよね。
――“天才の死ぬ気”ですよね。「人生で一度は言ってみたいセリフ」みたいな、なかなか口にすることのない日本語ですよね(笑)。
工藤:“言うは易し”じゃないですけど、言葉の力ばかりで曲がダサかったら、一気に意味を失っちゃう所を、やっぱりそれに合わせてくる音楽もバッチリかっこいいから……ホントに上松さん尊敬してます!
櫻川:Roseliaの楽曲って、仕事とか受験とかで頑張ってる人から「すごく勇気をもらえます!」ってメッセージを私たちがやってるラジオとかでよくお便り頂くんですけど、私たち自身も演奏していて励まされる部分ってすごくあって、私たちRoseliaに向けた曲だったり、Roseliaを体現してる歌詞だったりもあるので。聞いてくれてる人にとってエールを届けたい!って想いもこの曲にはありますね。
相羽:この曲の中で、一回ボロボロになっているんですよね。「折れかけた片翼が地に堕ちかけて一振りの力すら絞れずにいた」なんてかなりドン底の状態だと思うんですけど(笑)。それでも最後には這い上がっていくこのスペクタクル感みたいなのは、私「FIRE BIRD」の時にも感じたんですけど、すごく励まされますし、やっぱり本当に命を削って作って頂いたんだなっていうのはヒシヒシと感じましたね。
――先ほどのバンドストーリーの話じゃないですけど、上松さんも含めて“チームRoselia”っていうのが、ちゃんとここでもリアルとリンクしていて素敵ですよね。
相羽:Roseliaっていう世界観をここまで考えて作り込んで頂いてることにホント感謝しかないですね。
「笑いあり、涙ありの過去イチのライブ!」
――今回のミニAlbumのBlu-ray付生産限定盤にはライブ「Edelstein」のDAY1&2が付属されていますが、ライブの思い出などをお聞きしたいです。
櫻川:初の試みも盛りだくさんだったし、久々のワンマンでしかも2DAYというので、体力的にもヘトヘトになった印象がありますね~。
工藤:(セトリを見ながら)楽しかったな~。そうそう念願の「Opera of the wasteland」が初披露だった時だ!あ、あと「“UNIONS” Road」で相羽さんが号泣してました(笑)。
櫻川:泣いてた~(笑)。あれっ、2日間とも泣いてた?
相羽:違う!2日目はそんな泣いてない……。
中島:泣いてるじゃん!(笑)
志崎:1日目はもう号泣って感じで、2日目はウルッとしてましたよね?(笑)
工藤晴香
――“初の試み”というのは具体的に何があったのでしょうか?
工藤:これまでのSingle表題曲を全部やろう!みたいなのがまずコンセプトとしてあったんですよね。あとはライブタイトルも自分たちで決めました。
相羽:そうそう。とりあえずカッコいいドイツ語をたくさん並べてみたんですよ(笑)。
――それはアレですか?意味とかは置いといて、とりあえず言葉の響きで決めよう的な?
工藤:そうなんですよ! 櫻川さんがカッコいい響きのドイツ語を色々調べてくれて、そのアンゲシュテルターっていうのはみんなが「カッコいい!」ってなったんですけど、いざ意味を調べたら“会社員”で(笑)。
櫻川:アンゲシュテルターはなんかめっちゃ覚えてるよね。Roselia内で空前の会社員ブームが到来しました(笑)。
志崎:それで結局“宝石”って意味のEdelsteinに落ち着いた感じでした(笑)。
中島:ちょうど「Edel Rose」っていう我々のトレカにも掛かってるし、1番良いんじゃない?ということで。

中島由貴

――ライブタイトルひとつにしても、自分たちで考えるだけで思い入れも強くなりますよね。
中島:あと、私がこのライブで1番楽しかったのはDAY1のアンコール2曲目の「BRAVE JEWEL」ですね(笑)。
相羽:いや、もうあれはホントに忘れない(笑)。あれっ? のんちゃんも気付いてた?
志崎:えっ! なんですっけ?
櫻川:くどはるが1サビで戻ってこなくて、ゆっきーが「どうしよどうしよ」ってオロオロしながら猛ダッシュで戻ってきたヤツ!
志崎:あー……、演奏に夢中になってたかも(笑)
相羽:私とくどはるはステージ上手端の軽い花道みたく突き出した所にいて、たまたまカメラマンさんが2人のツーショットを撮ろうとしてたので、私がくどはるの方に少し寄ってキメようとしたんですよ。そしたらくどはるが、それをまるで“嫌がるように”プイッて下手の方を向いて、ダッシュで逃げてくわけですよ(怒)。
工藤:いや、違う。違うんだよ相羽さん。
相羽:私はもうそれが本当にショックで! 「そんなにツーショ撮られるのが嫌だったの?」って軽く呆然としてたら歌詞が飛んじゃって。しかもサビ付近で(笑)。だからぜひこのシーンはよく見て欲しいんです。私ちょっと悲しい顔をしてるんで。
工藤:いや相羽さん、違うんです。「なんで逃げたの!?」みたいに言われたんですけど、元々この曲は1サビでゆっきーと背中合わせをするというお決まりがあるんですよ。それを私が忘れてて、それで猛ダッシュで戻ったんです(笑)。
櫻川:この時、ゆっきーも悲しそうな顔をしてたのを私は見た(笑)。
中島:あまりずっと上手に集まりすぎててもお客さん的にアレなので、私はずっと下手で「くどはる帰ってこないんだけど~(泣)」って最前の人にアピールしてました(笑)。それで次の瞬間パッて横見たら「いる!!」と思って、めちゃくちゃ走ってきてたのが面白かったです。
中島由貴
――ドラムは割とステージ後方にセットを組むことが多いので、一部始終を全部見れたわけですね。
中島:アンコールに関しては、キャラじゃなくて割と素でやるというのは一応いつもモットーとしてあるんですけど、それにしても素を出しすぎというか(笑)。こんなにも普段のバンド練習の延長線上で楽しくやれたのは初めてだったので、この一連の流れがすごく好きです。
相羽:バッチリ歌が飛んだ所も、くどはるが全力疾走してるところも収録されてるので、ぜひその目で確かめてください(笑)。
櫻川:その失態があったせいか、DAY2では巻き返すかのようにめちゃくちゃ喋り倒してて、そこも含めて見て欲しいですね(笑)。
――相羽さんの号泣事件についても詳しく聞いておきたいですね(笑)。
工藤:どうして泣いちゃったの?大丈夫?説明できる?
相羽:今は泣いてへんから話せる!(笑)「“UNIONS” Road」って曲ができた頃はまだ世の中がコロナになってなかったんですよ。それありきで映画の振り付けを考えてて、でも声が出せない状況になってしまって、しょんぼりしてたんです。それでも予定通り初披露はすることになって、声が出せない分みんなで手を動かして表現してほしいなって思ったんですが、でも友希那が「みんな一緒に!」っていうのも変だなって思いもあって、結局「私たちと1つになりましょう」みたいなことを言ったと思います。しかも面と向かってじゃなくて、後ろを向いて言ったんですよ。それで振り返って客席側を向いた瞬間に、皆さんが振り付けをやってくれてて、もうその光景に感動しちゃって、思わず号泣しちゃったんです。
「伝説のあの企画も復活?」
――お話を聞いてるだけでも、めちゃくちゃ良いライブだったんだなっていうのが伝わってきます。最後に5月21日(土)、22日(日)に富士急コニファーフォレストでのライブ「Episode of Roselia」が控えていますが、そちらに向けての意気込みなどをお聞かせ頂けますか?
櫻川:今回のミニアルバムがリリースされて3日後とかのライブなので、もちろんそれも聞き込んでもらいたいのですが、ライブのタイトルにもなっているように、とにかく「Episode of Roselia」をめちゃくちゃ観てからライブに来て欲しいです!
相羽:いや、ホントそう!今回DAY1とDAY2でタイトルも違うのでね……!
中島:あとは5月にコニファーフォレストでやるのは初めてなんですよね。いつも8月とかにやってるんですけど。5月の富士急はまだ肌寒いかも、なんて話も聞くので、防寒対策はお忘れなく。
――いや、それもホントにそうですね!気の利くコメント、助かります(笑)。
櫻川めぐ
志崎:あと今回、幕間などで“あの”バラエティ企画も2年ぶりくらいに復活するかもしれないらしいので、ご期待ください……!
工藤:今まで、花火だったり火柱だったり、コニファーフォレストじゃないとできない演出っていうのたくさんやってきたんですけど、今回も野外ならではの演出も楽しみにしていて欲しいですね!
櫻川:とにかく! コニファーフォレストでの単独ライブ2DAYSは「Flamme」/「Wasser」ぶりなので、私たちも気合いが入りまくってるわけなんですよ!なので1日目と2日目の間の夜は、おそらく5人で楽しくご飯できるんじゃないかな~って楽しみにしてます(笑)。
相羽: 1日だけでも楽しめると思いますが、両日ライブビューイングもありますので「日曜日、次の日朝早いしな~」って人は地元に帰ってライビュで参戦するのをおすすめします!1日だけの方も楽しんで頂けるように考えていますが、2日間来る方は絶対に後悔させません!記憶に残る最高のライブすると約束します!

また、SPICEでは「ROZEN HORIZON」について音楽プロデューサーである上松範康とRoseliaの湊友希那役、相羽あいなによる対談も行う予定だ。こちらも楽しみにしていてほしい。
取材・文:前田勇介

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着