ポン・ジュノ監督、木村佳乃、妻夫木
聡らが広瀬すず×松坂桃李W主演『流
浪の月』についてコメント 劇場パン
フレット詳細も明らかに

5月13日(金)公開の映画『流浪の月』(るろうのつき)をいち早く鑑賞した俳優、監督らのコメントが到着した。
『流浪の月』(東京創元社刊)は、2020年の本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1位(日販単行本フィクション部門、トーハン単行本文芸書部門)となった小説。10歳で誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗を広瀬が、事件の“加害者”とされた当時19歳の大学生・佐伯文を松坂が演じる。“被害女児”と“加害者”という烙印を押されたまま、事件の契機となったそれぞれの秘密を抱え、更紗と文は15年後に再会する。また、事件から15年経った現在の更紗の恋人・亮役で横浜流星、癒えない心の傷を抱える文に寄り添う看護師・谷あゆみ役で多部未華子が出演。さらに、趣里、三浦貴大、白鳥玉季、増田光桜、内田也哉子、柄本明らがキャストに名を連ねている。メガホンをとったのは、『悪人』『怒り』の李相日監督。撮影監督として、『パラサイト 半地下の家族』『バーニング 劇場版』『哭声/コクソン』『母なる証明』などのホン・ギョンピョ氏、美術で『キル・ビル Vol.1』『ヘイトフル・エイト』『三度目の殺人』などの種田陽平氏も参加している。
今回コメントを寄せたのは、木村佳乃、妻夫木聡、『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督らひと足先に本作を鑑賞した俳優、監督ら。コメントは以下のとおり。
木村佳乃(女優)
小説を読んで感じた心の震えを、映像が更に深く伝えてくれました。とても感動しました。
島本理生(作家)
文が更紗に向ける視線は、性でも恋愛でも同情でもなく、ましてや少女性に対する幻想や崇拝であってはならない。
その奇跡は、もしかしたら誰も見たことがないものかもしれない。それが映画の中で見事に体現されていたことが
尊かった。 (※劇場パンフレットより抜粋)
妻夫木聡(俳優)
行き場のない感情が、荒波のように引いては寄せ、寄せては返して、心がえぐりとられるようだった。
事実や真実なんてどうでもいい。ただこの2人に幸せになってもらいたいと願う自分は間違っているだろうか。
2人がたどり着いた先が、自分には絶望なのか解放なのかわからなかったが、この余韻に浸っていたいと思う自分に、
これは救いの映画なのだと気付かされた。
ポン・ジュノ(映画監督)
李相日監督が映画的な怪力の持ち主であるということは前作『怒り』でもすでに感じていたが、今作ではさらに一歩、
まさに最後までやりきっている。すべての俳優の繊細なニュアンスを光と影の中に描き出した撮影と演出の抜群の
相性は、私に得も言われぬ嫉妬心を呼び起こした。
『流浪の月』劇場パンフレット使用写真 (c)Hong Kyung Pyo 
また、本作の公開にあわせ、劇場パンフレットの発売も決定。パンフレットには、広瀬、松坂、横浜、多部、李監督、撮影のホン氏、美術の種田氏、音楽の原摩利彦氏のインタビューなどを収録。初出しとなる劇中カット、メイキング写真、映画の製作過程をつぶさに記録した製作レポートも収められているとのこと。
『流浪の月』は5月13日(金)全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着