サモ・ハンやジョニー・トー監督らの
オムニバス、木竜麻生・藤原季節共演
の青春映画など 『新宿東口映画祭20
22』新作&企画上映を発表

5月27日(金)から6月9日(木)の期間に東京・武蔵野館とシネマカリテにて開催される『新宿東口映画祭2022』の新作と企画上映作品とスケジュールが発表された。
『わたし達はおとな』 (c)2022『わたし達はおとな』製作委員会
新作では、サモ・ハン、アン・ホイ、パトリック・タム、ユエン・ウーピン、ジョニー・トー、リンゴ・ラム、ツイ・ハークの7監督によるオムニバス映画『七人樂隊/Septet:The Story of Hong Kong(原題)』のほか、木竜麻生・藤原季節共演の青春映画『わたし達はおとな』、スタントマンの生き様を描く『狼 LONE WOLF』の三本を上映。『狼 LONE WOLF』では、監督と俳優による上映後のトークショーが行われることも決定している。
『狼 LONEWOLF』 (c)2022「狼 LONEWOLF」製作委員会
企画上映では、実写とアニメーションの無声映画がラインナップ。『カリガリ博士』では、今回の上映会場である武蔵野館でかつて弁士として活躍していた徳川夢声と福地悟朗の音声を復元して上映が行われる。『陽気な巴里っ子』は、徳川夢声のお気に入りの作品。今回の上映では弁士の第一人者・澤登翠氏が作品を説明する。
『カリガリ博士』 写真提供:マツダ映画社

『陽気な巴里っ子』 写真提供:喜劇映画研究会
アニメーションでは、「日本アニメの青春時代」と題し、1920年から1930年代の短編無声アニメーション6本を上映。1932年(昭和7年)に約50年後の1980年の世界を空想して製作された『大当たり空の円タク』などが上映される。
『大当たり空の円タク』 写真提供:マツダ映画社
『漫畫 魚の國』 写真提供:国立映画アーカイ
『百年後の或る日』 写真提供:国立映画アーカイブ
『塙団右衛門化物退治の巻』(證城寺の狸囃子) 写真提供:マツダ映画社
『瘤取り』 写真提供:マツダ映画社
『心の力』  写真提供:国立映画アーカイブ

なお、会期の前半である5月27日から6月2日までは、シネマカリテでアニメーション作品を上映。後半は、武蔵野館に会場を移して実写映画の上映と提携企画の「第二回カツベン映画祭」が開催される。詳細は、映画祭公式サイトを確認しよう。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着