L→R 工藤晴香(氷川紗夜役/Gu)、櫻川めぐ(宇田川あこ役/Dr)、相羽あいな(湊 友希那役/Vo)、志崎樺音(白金燐子役/Key)、中島由貴(今井リサ役/Ba)

L→R 工藤晴香(氷川紗夜役/Gu)、櫻川めぐ(宇田川あこ役/Dr)、相羽あいな(湊 友希那役/Vo)、志崎樺音(白金燐子役/Key)、中島由貴(今井リサ役/Ba)

【Roselia インタビュー】
次に向かう怖さで足がすくんでも、
曲たちが背中を押してくれる

Eveさんはこう歌っているけど
友希那ならどう歌うかを考えた

その何色にも染まれるというのは新たな音楽ジャンルへのチャレンジを意味していて、それが「Sprechchor」や「閃光」だと思いました。特に「閃光」は「廻廻奇譚」で知られるEveさんの提供曲で、ゲーム『バンドリ! ガールズバンドパーティ!(ガルパ)』では「廻廻奇譚」をカバーし、今作のBlu-ray付生産限定盤にも収録されています。意外性も感じつつすごく似合っていて、新しいRoseliaを見せてくれたと思いました。

相羽
Eveさんの曲は前からたくさん聴いていたのですが、デモを聴いたらまさしくEveさんだと思える曲で、“これをRoselia色にするにはどうしよう?”というところからスタートしました。Eveさんはこう歌っているけど、友希那ならどう歌うかみたいなことを考えて。アニメーションMVが公開された際、コメントを見たら“Eveさんの曲だけどRoseliaになっている”といった意見が多くて安心しました。でも、メロディーラインや歌詞の詰め方は、すごくEveさんらしいものなんですよね。

テンポが速いし、歌うのが大変ではなかったですか?

相羽
Eveさんの曲を聴いていたから馴染みがあったので、そこまで戸惑うことはなかったです。それに歌詞は《美しく青き放つ閃光のようだ》とか、すごくRoseliaらしさがあったので。Roseliaのどういうところを見てこういう歌詞が生まれたのか、Eveさんに訊いてみたいと思いました。

ドラムもビートがタイトで、今までとは違った雰囲気です。

櫻川
「廻廻奇譚」のイメージからEveさんの曲は演奏がすごく技巧的だという印象だったので、ビクビクしていたのが本音です(笑)。実際に「閃光」を聴くと、今までのアプローチとはまったく違っていて。リズムの取り方で “くい”って言われる1拍の半分で叩く箇所も多いし、リズムの取り方が違うから“こんなフレーズがあるんだ!?”と驚きました。そういう挑戦も含めて、いい意味で新しいRoseliaを表現できた曲なんじゃないかと思います。
相羽
それにMVはフル尺ではなく、2番を飛ばして落ちサビにいくんですね。なので、2番はぜひCDで聴いてほしいです。

また、「THE HISTORIC...」はRoseliaらしさのある曲で、まさしくRoseliaの歴史を感じさせます。

相羽
私は“滾る”ブームが来ているのかなと思いましたね(笑)。「THE HISTORIC...」の歌詞には《滾らせるのは 覚悟》って出てくるし、「ROZEN HORIZON」にも《負けず滾って燃えてる》と出てくるんですけど、“滾る”という言葉に私はプロレスを彷彿してしまうんです。プロレスラーの中邑真輔選手の決め台詞で“滾る”というのがあって(笑)。
櫻川
“滾る”は“沸き立つ”とか“激しく波立つ”という意味らしいよ。
相羽
それがこの2曲にあるというのは、すごく意味があるような気がします。Roseliaが始まったばかりの頃は、“滾る”という言葉を歌うにはまだ未熟だったんだなって。

成長した今のRoseliaだからこそ説得力を持って歌えると。

櫻川
確かに冷静さを保ちながらボルテージを上げていくという意味での“滾る”は、本当にここ2〜3年でできるようになったことで。1年目はライヴが終わったらのぼせ上がっていましたから。感情のコントロールができなくて全員、目が血走っていて。
相羽
余裕感がなかったよね。気迫はあったと思うけど。
櫻川
とにかくでかい音を出さなきゃって。その頃と比べてうまくなったかどうかは分かりませんけど、落ち着いて周りの音を聴けるようになったという実感はあります。
相羽
それができるようになったことで、よりRoseliaらしさが出せるようになった。

あと、「Sprechchor」は昨年7月にゲーム内で実装された楽曲で、CDに収録されるのは今回が初という。

相羽
このミニアルバム自体、『ガルパ』のストーリーとシンクロしていて、その中でRoseliaがアルバムを出すことになり、昨年夏に発表した「Sprechchor」が1曲目というのも決まっていて。その流れで「THE HISTORIC...」ができたんです。最近のRoseliaの曲は“次のステージに向かう”というイメージが強くて。それはRoseliaのことだけじゃなく聴いてくれる人にとってもそうで、「Sprechchor」の歌詞に《もう大丈夫》とか《変わることは 終わることじゃなくて》と出てくることで、みんなの背中を押すエールソングになっているんじゃないかと。次のステージに向かう時の怖さで足がすくんでも、曲たちが背中を押してくれる。ミニアルバムをトータルで見ると、そんな作品になっていると思います。

これまでとは違ったさわやかさやスケールの大きさもいいですね。

相羽
そうですね。曲調という部分ではどんどん広がっています。「ROZEN HORIZON」や「THE HISTORIC...」といった原点があり、Roseliaらしさを保ちながら少しずつ音楽性の幅が広がっていて。でも、それはRoseliaのかたちが明確に見えてきたから他の方向に行っても不安がないということなんだと思います。
櫻川
Roseliaや『バンドリ!』シリーズから少し遠ざかっていた人にも、今からファンになっていただく方にも、今のRoseliaを知るきっかけとして自信を持ってお届けできるものになったと思います。

CDは4種類あってそれぞれに違ったカバーを収録しています。フォトブックレット付生産限定盤には「鳥の詩」、通常盤Aには「Synchrogazer」、通常盤Bには「名前のない怪物」を収録。それも入りやすいきっかけになりますね。

櫻川
そうですね。Blu-ray付生産限定盤には昨年12月に名古屋国際会議場センチュリーホールで開催した『Roselia「Edelstein」』のライヴ映像を2日分収録しているので、それも見所です。

その映像を観て、ぜひ5月の単独ライヴへ足を運んでほしいですね。ライヴは“Episode of Roselia DAY1 : Weißklee/DAY2 : Rose”というタイトルで、“Weißklee”が意味する“シロツメクサ”は昨年公開した劇場作品『BanG Dream! Episode of Roselia I:約束』の主題歌「約束」の歌詞にも出てきますね。

櫻川
昨年公開した劇場作品に関連したライヴは早くやりたいと話していたのですが、昨今の情勢もあってこのタイミングに満を持してというかたちになり、私としては結構テンションが高まっています! こればっかりは“パート2”はありませんので。

映画と関連したセットリストになっているということですね。

相羽
あまり詳しくは言えないですけど(笑)。ヒントを言うなら、『DAY1』が“これまで”で『DAY2』が“これから”です。映画の内容を踏まえた上で楽しんでいただけたらと思います。映画を観ていただいてからライヴに来るのが楽しみ方としては王道かな?
櫻川
それは必須ですね。Blu-rayが出ていますし、サブスクで観られるところもあるので、ぜひ観てからお越しくだされば“これまで”はより楽しめると思います!

“これから”とは?

櫻川
さらに限界突破したRoseliaと、これからも一緒に歩んでいけるようなセトリになっています。本当にヤバイですから、2日目のセトリも!
相羽
『DAY1』と『DAY2』で、ここまで変えたことがないというくらいに雰囲気が違うと思います。2日間いらっしゃる方にも絶対後悔させません! あとは、当日の天気だけだね。
櫻川
あいあいがいれば絶対に大丈夫。だって前にあいあいが“散れっ!”て言ったら雲がサーッてなくなって晴れたことがあったしね。私たちなら大丈夫だよ(笑)。

取材:榑林史章

ミニアルバム『ROZEN HORIZON』2022年5月18日発売 ブシロードミュージック
    • 【Blu-ray付生産限定盤】(CD+2Blu-ray)
    • BRMM-10537
    • ¥9,900(税込)
    • 【フォトブックレット付 生産限定盤】(CD+フォトブックレット)
    • BRMM-10538
    • ¥3,850(税込)
    • 【通常盤A】(CD)
    • BRMM-10539
    • ¥2,200(税込)
    • 【通常盤B】(CD)
    • BRMM-10540
    • ¥2,200(税込)

ライヴ情報

Roselia単独ライブ『Episode of Roselia』
「Episode of Roselia DAY1 : Weißklee」
5/21(土) 山梨・富士急ハイランド・コニファーフォレスト
「Episode of Roselia DAY2 : Rose」
5/22(日) 山梨・富士急ハイランド・コニファーフォレスト

◎2022年9月開催Roselia単独ライブイベント
9/22(木) 東京・有明アリーナ

Roselia プロフィール

ロゼリア:メディアミックスプロジェクト『BanG Dream!』(バンドリ!)よりリアルライヴバンド第四弾として誕生したガールズバンド。メンバーは相羽あいな(湊 友希那役/Vo)、工藤晴香(氷川紗夜役/Gu)、中島由貴(今井リサ役/Ba)、櫻川めぐ(宇田川 あこ役/Dr)、志崎樺音(白金燐子役/Key)の5名で、バンド名は薔薇(Rose)と椿(Camellia)を合わせた造語。2017年に「BLACK SHOUT」でシングルデビューし、18年に1stアルバム『Anfang』を発表した。20年の第14回声優アワードでは歌唱賞を受賞。同年に2ndアルバム『Wahl』をリリース。22年5月にミニアルバム『ROZEN HORIZON』を発表し、ワンマンライヴ『Episode of Roselia』を開催する。Roselia ブシロードミュージック アーティストページ

「ROZEN HORIZON」
MV (フルサイズ ver.)

「Sprechchor」楽曲MV(フルサイズver)

「閃光」アニメーションMV
(ゲームサイズver.)

【試聴動画】
Roselia ミニAlbum
「ROZEN HORIZON」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着