「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能
寺」アニメ化決定 舞台版新作公演2
本、7周年感謝祭も発表

 2016年に上演された「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」のアニメ化が決定した。また「舞台『刀剣乱舞』」シリーズの新作公演「禺伝(ぐでん) 矛盾源氏物語」と「山姥切国広 単独行 -日本刀史-」の上演や、イベント「舞台『刀剣乱舞』7周年感謝祭」の開催も明らかになっている。
 アニメ版の原作となる「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」では、織田信長の佩刀だった不動行光が、付喪神“刀剣男士”として顕現。同じく信長を主としていた宗三左文字、へし切長谷部、薬研藤四郎らと衝突し合いながら、信長が命を落とした「本能寺の変」へと出陣する。アニメ版のシリーズ構成は、舞台版で脚本・演出を手がけた末満健一自らが務める。23年以降に展開予定で、放送時期などの詳細は後日発表される。
 新作公演「禺伝 矛盾源氏物語」は、23年2月に東京と大阪で上演される。歌仙兼定役を務める七海ひろき、大倶利伽羅を演じる彩凪翔は、どちらも宝塚歌劇団の出身者。これまでの「舞台『刀剣乱舞』」本丸とは異なる切り口の物語が展開されるという。
(c)NITRO PLUS・EXNOA LLC/舞台『刀剣乱舞』製作委員会 「山姥切国広 単独行 -日本刀史-」は、東京、京都、福岡で23年10~11月に上演。タイトルの通り“刀剣男士”としては、荒牧慶彦が演じる山姥切国広の1振りのみが登場する物語となる。なお「禺伝 矛盾源氏物語」「山姥切国広 単独行」ともに、脚本・演出は末満が担当する。
 「舞台『刀剣乱舞』7周年感謝祭」は23年夏に開催予定。
 これらの発表をまとめた、特報プロモーションビデオも公開された。新作公演2作品のパートには、舞台衣装に身を包んだ各作品のキャストが登場しており、物語の展開を示唆する映像も収録されている。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着