志尊淳&広瀬アリスの変身願望は? 
梶裕貴は「宮野真守になりたい」と断

 重力が壊れた東京で出会う少年少女の物語を描いたオリジナル長編アニメーション「バブル」の初日舞台挨拶が5月13日、東京・丸の内ピカデリーで行われ、主人公ヒビキの声を担当した志尊淳をはじめ、共演する広瀬アリス、梶裕貴、畠中祐、千本木彩花、逢坂良太、荒木哲郎監督(テレビアニメ「進撃の巨人」)が登壇した。
 童話「にんぎょ姫」をモチーフにした本作にちなみ、「人魚姫のように姿を変えられるなら、何に変身したいか?」と問われると、志尊は「実力派声優」と回答し、「今回ひとりでアフレコということもあり、プレッシャーで純粋に楽しめなかった。皆さんみたいな能力をお金で譲ってもらえないかと思うほどで(笑)。1日だけでも貸していただければ」と梶ら人気声優に羨望のまなざしを注いだ。
 一方、広瀬は「イケメン」に変身したいといい、「もともと『女の子だからスカート履いて』と言われるのがすごくいやで、男の子に憧れていた。なるんだったら、志尊さんみたいなイケメンになって、キャーキャー言われたい」と告白した。また、梶は「宮野真守になりたい」と断言。司会者からは、本作にも出演している宮野が、事前のアンケートで「梶裕貴になりたい」と回答したと発表され、相思相愛ぶりが明らかになった。
 劇中では、重力を操る泡「バブル」が降り注ぎ、重力が壊れた東京を舞台に、若者たちがビルからビルへ跳びまわるパルクールのチームバトルに興じるシーンが見せ場となっており、志尊は「映画館だからこそ、奥行きを感じることができる」とアピール。バブルを調査する科学者マコトの声を演じた広瀬は、「アトラクションに乗っているようなワクワク感をぜひ、劇場で体感してほしい」と映画館での鑑賞を勧めていた。
 本作は荒木監督が人魚姫をモチーフに描いた1枚の絵が、企画の発端となっており「人魚姫を題材にしたラブストーリーを近未来で描く。今までの経験を生かしつつ、新しい地平に踏み出すにふさわしいと思った」と回想。パルクールの描写については、「実際に人間が足を着地させる順番や、転がるときにどの手をつくか研究しながら、リアルに再現した。実写にどう対抗するかと同時に、アニメにしかできない、カメラの自由度を生かした映像は、スクリーンで真価を発揮する」と強い手応えを示していた。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着