【週末アニメ映画ランキング】「名探
偵コナン」興収75億円突破、「バブル
」は9位スタート

(c) 2022「バブル」製作委員会 5月14日~15日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。「シン・ゴジラ」の庵野秀明(企画・脚本・総監修)と樋口真嗣(監督)のタッグで送り出された「シン・ウルトラマン」が初登場首位を獲得した。公開3日間で動員64万人、興収9億9300万円を突破し、今年公開された邦画の実写映画でNo.1のスタートを切っている。
 4週連続首位だった「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」は2位。公開5週目の土日2日間で動員20万7000人、興収3億円をあげ、累計動員は541万人、興収は75億円を突破した。最終興収76億5000万円を記録したシリーズ前作「名探偵コナン 緋色の弾丸」にあと約1億円に迫っている。
 「ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス」は3位、「映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」は4位とそれぞれワンランクダウンした。
 新作では他に「流浪の月」が5位、「バブル」は9位にランクイン。「バブル」は、テレビアニメ「進撃の巨人」の荒木哲郎監督とWIT STUDIOが再タッグを組み、重力が壊れた東京で出会う少年少女の物語を描いたオリジナル長編アニメ。初日舞台挨拶が都内劇場で13日に行われ、主人公ヒビキの声を担当した志尊淳をはじめ、共演の広瀬アリス、梶裕貴、畠中祐、千本木彩花、逢坂良太、荒木監督が登壇した。
 前週8位の「劇場版 Free! the Final Stroke 後編」は10位。なお、5月20日より「映画 五等分の花嫁」「特『刀剣乱舞 花丸』 雪ノ巻」が公開される。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着