AKB48チームA「重力シンパシー公演」
抜群の歌唱力で魅了!大竹ひとみ「最
強チーム目指します」

「緊張しないコツは公演前のゼリー飲料
で気合い」

2022年5月11日(水)に東京・秋葉原のAKB48劇場にて向井地チームA「重力シンパシー」公演が初日を迎えた。向井地美音、大竹ひとみ、込山榛香、千葉恵里、中西智代梨、福岡聖菜、本田仁美、武藤小麟の8人が初日に出演。「重⼒シンパシー」公演は、2012 年に前⽥敦⼦・⼤島優⼦・柏⽊由紀ら16名で結成されたユニット “チームサプライズ”のオリジナル楽曲で構成された公演であり、実際に劇場公演として⾏うのは向井地チームAが初。初日前にはメディア向けゲネプロが開催された。

チームBからチームAに移籍してきて初日に出演した大竹ひとみ。

自己紹介で大竹は「私自身、組閣が初めての経験でした。新チームでの初公演に出演して、チームの皆さんと作りあげていくのも初めてです。凄くドキドキしていましたが、みなさんとても優しかったので、その努力の成果を見せていきたいです!」と意気込みを語っていた。

ユニットでは本田、中西と「そのままで」をクールにパフォーマンス。また福岡と「思い出す度につらくなる」を熱唱。抜群の歌唱力で魅了。

MCで本田仁美から「劇場公演で緊張しないコツはありますか?」と振られると大竹は「私は劇場公演のある時にはルーティンを作っています。公演に立つ前に決まったゼリーの飲料を飲むようにしています。食べ物のルーティンを作っています。それで私の中で準備を整えて、よし!って気合いを入れてから立つように決めています」と裏話を披露。

ゲネプロ後の囲み取材では「私はチーム初日に出るのが初めてでした。どういうふうにすれば先輩方と関われるのかレッスン期間にも悩みました。でもレッスンが始まるとそのような悩みも忘れてしまうくらい先輩方は優しかったです。パフォーマンス面でもすごく助けてくれました。これからの活動が楽しみです!これから最強チームはチームAと言われるように私も頑張っていきたいです!」と語っていた。

レッスン中にメンバーのダンスを細かくチェックしてくれることから“本⽥警察”と呼ばれている本⽥仁美と新チームのキャプテン向井地について、大竹は「本田警察だけでなく、みーおんさん(向井地)も一人一人のダンスの振付を細かくチェックして指導してくれました。私は自分のことでいっぱいっぱいになっていたので、凄く助かりました!第1警察と第2警察のようです(笑)この体制でチームAのパフォーマンス力が向上しました」と語っていた。

大竹ひとみ

大竹ひとみ

大竹ひとみ

大竹ひとみ

大竹ひとみ

大竹ひとみ

大竹ひとみ

大竹ひとみ

大竹ひとみ

大竹ひとみ

大竹ひとみ

大竹ひとみ

大竹ひとみ

大竹ひとみ

大竹ひとみ

大竹ひとみ

大竹ひとみ

大竹ひとみ

大竹ひとみ

囲み取材

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着