「ガンダム ククルス・ドアンの島」
に“赤い彗星”シャアが登場 シャア
専用高機動型ザクIIの設定画も公開

(c)創通・サンライズ  6月3日から全国公開される劇場アニメ「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」に、主人公アムロ・レイ(CV:古谷徹)のライバルである、ジオン軍のエースパイロット“赤い彗星”シャア・アズナブル(池田秀一)が登場することが決定した。
 同作では、1979年に放送されたロボットアニメの金字塔「機動戦士ガンダム」から、異色エピソードとして知られる第15話「ククルス・ドアンの島」を、アニメーションディレクターなどを務めた安彦良和が、自ら新たな切り口で映像化する。地球連邦軍の新型モビルスーツ・RX-78-02ガンダムのパイロットになったアムロは、無人島「帰らずの島」での残敵掃討任務のさなか、戦災孤児たちを守りながら暮らすジオン脱走兵ククルス・ドアン(武内駿輔)と出会う。
 原作第15話では、ジオンを独裁するザビ家の末子であるガルマ・ザビが戦死した責任を問われ、前線から遠ざけられていたため出番がなかったシャア。今回の登場決定について、安彦監督は「長く愛されているシャア・アズナブルというキャラクターを登場させることによって、ファンの方だけでなくたくさんの方に喜んでいただける。そして、池田秀一さんにご参加いただくということは作品の魅力がさらに上がると思い、新たにこの『ククルス・ドアンの島』に描き加えました。ぜひ、この新しい魅力と共に本作を楽しみにしていてください」と理由を明かしている。
(c)創通・サンライズ 総作画監督を務める田村篤によるシャアとその愛機の描き下ろしイラストと、シャアが新たに乗るモビルスーツ・シャア専用高機動ザク(MS-06R-1A シャア専用高機動型ザクII)の設定画も公開された。脚部スラスターやバックパックなどが増設・強化されているシャア専用高機動ザクは、大気圏突入前の戦いでガンダムを苦しめることになる模様だ。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着