マーベル・スタジオ最新作『シー・ハ
ルク:ザ・アトーニー』日米同時配信
が決定 ティム・ロス演じるアボミネ
ーションも再登場

オリジナルドラマシリーズ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』(原題:『She-Hulk: Attorney at Law』)が8月17日(水)16時より、Disney+(ディズニープラス)にて日米同時配信されることが決定。予告編とUS版キービジュアルが解禁された。
『シー・ハルク:ザ・アトーニー』は、『アベンジャーズ』などの映画や、ドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』『ロキ』『ムーンナイト』などのマーベル・スタジオによる最新ドラマシリーズ。ある日、突然の事故をきっかけにハルク同様の力を持つ“シー・ハルク”になってしまった弁護士のジェニファーが自身の強大なパワーに困惑しつつ、弁護士の仕事に立ち向かおうとする姿を、ユーモアを交えて描いた作品だ。
シー・ハルクことジェニファー・ウォルターズ役を演じるのは、ドラマ『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』で知られるタチアナ・マスラニー。また、マーク・ラファロが“アベンジャーズ”のオリジナルメンバーでもあるハルク(=ブルース・バナー)役で登場するほか、『インクレディブル・ハルク』のヴィランとして知られるアボミネーションをティム・ロスが再演。ウォン役のベネディクト・ウォンなど、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のキャラクターたちも多数登場している。監督・プロデューサーは、映画『マリー・ミー』などカット・コイロ氏が担当している。
解禁されたUS版キービジュアルでは、ブリーフバッグを持ち、ヒールを履き、緑色の皮膚のシー・ハルクとなったジェニファーが、颯爽と裁判所へ向かう階段を上がっていく様子が切り取られている。また、解禁された予告編では、ハルクのパワーを得たジェニファーが、「私はヒーローじゃない」「普通の弁護士でいたい」と悩み葛藤する姿のほか、ハルク/ブルース・バナーに実験台にされるコメディタッチのシーンも公開されている。
ディズニープラスのオリジナルドラマシリーズ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』は全9話で 8月17日(水)16 時より日米同時配信開始。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着