荻野目洋子、松本伊代、萬田久子ら女
性アーティストのシティポップ10作品
が復刻

ビクターの名盤復刻シリーズ『マスターピース・コレクション~シティポップ名作選』の第二弾『フィーメル・シティポップ名作選』が6月29日(水)に発売される。

今回は、桜田淳子、白石まるみ、田中好子伊藤つかさ石野真子荻野目洋子松本伊代、萬田久子、鷲尾いさ子、高橋ひとみのアルバムの中から、シティポップ作品として再評価されている10作品がピックアップされている。

これらのアルバムには、山下達郎後藤次利、椎名和夫、松任谷正隆、滝沢洋一、新川博松任谷由実大貫妙子丸山圭子井上鑑佐藤博加藤和彦、村松邦男、DEW(倉田信雄、安川ひろし)、鳥山雄司らが楽曲提供し、鈴木茂(g)、松原正樹(g)、今 剛(g)、マイク・ダン(b)、岡沢 茂(b)、伊藤広規(b)、林 立夫(ds)、青山 純(ds)、宮崎まさひろ(ds)、松任谷正隆(key)、新川 博(key)、難波弘之(key)、山川恵津子(cho)、鳴海 寛(cho) 、木戸やすひろ(cho)、比山貴咏史(cho)、広谷順子(cho)など、いわゆるシティポップ常連のミュージシャンが多数参加している。

SNSをきっかけに、世界中で聴かれるようになった日本のシティポップだが、今回のシリーズの中でも、荻野目洋子「Lazy Dance」、松本伊代「Private Fileは開けたままで」、萬田久子「恋するつもりになれば」などは、海外の注目が高まり、サブスクで数十万回の再生数を上げている楽曲である。

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着