男性に食らいつく全裸の集団、斧を手
に持つ血まみれビジネスマンも 台湾
パンデミックホラー『哭悲/THE SAD
NESS』場面写真を解禁

映画『哭悲/THE SADNESS』が7月1日(金)に公開されることが決定。あわせて、新たな場面写真が解禁された。
台湾映画『哭悲/THE SADNESS』は、ロブ・ジャバズ監督の初長編。大のホラー映画好きであるジャバズ監督は、様々な名作ホラーからインスピレーションを得て、パンデミックを経験した後の世界で目を背けたくなるような暴力が横行する様子を描き出す。
(c)2021 Machi Xcelsior Studios Ltd. All Rights Reserved.
舞台は、謎の感染症に長い間対処し続けてきた台湾。専門家たちに「アルヴィン」と名付けられたそのウイルスは、風邪のような軽微な症状しか伴わず、不自由な生活に不満を持つ人々の警戒はいつしか解けてしまっていた。ある日、ウイルスが突然変異し、人の脳に作用して凶暴性を助長する疫病が発生。感染者たちは罪悪感に涙を流しながらも、衝動を抑えられず思いつく限りの残虐な行為を行うようになり、街は殺人と拷問で溢れかえってしまう。そんな暴力に支配された世界で離ればなれとなり、生きて再会を果たそうとする男女の姿があった。感染者の殺意から辛うじて逃れ、数少ない生き残りと病院に立て籠もるカイティン。彼女からの連絡を受け取ったジュンジョーは、独りで狂気の街を彷徨い始める。
解禁された場面写真は、劇中でウイルス感染により衝動が抑えられず、凶暴化した感染者たちや、逃げ惑う人々をとらえたもの。斧を手に持つ血まみれビジネスマンや、電車内でナイフを振り回し返り血を浴びて振り返る青年、白髪ロングヘアの人物、全裸の集団がひとりの男性に群がり食らいつこうとする場面、手榴弾を握りしめる総統、笑みを浮かべて拳銃を構える警官の姿などが切りとられている。
(c)2021 Machi Xcelsior Studios Ltd. All Rights Reserved.

(c)2021 Machi Xcelsior Studios Ltd. All Rights Reserved.
(c)2021 Machi Xcelsior Studios Ltd. All Rights Reserved.
(c)2021 Machi Xcelsior Studios Ltd. All Rights Reserved.
(c)2021 Machi Xcelsior Studios Ltd. All Rights Reserved.
(c)2021 Machi Xcelsior Studios Ltd. All Rights Reserved.
(c)2021 Machi Xcelsior Studios Ltd. All Rights Reserved.

『哭悲/THE SADNESS』は7月1日(金)より新宿武蔵野館 ほか全国ロードショー。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着