舞台『薔薇王の葬列』若月佑美・有馬
爽人、和田琢磨ら出演の稽古場レポー
ト! 演出・松崎史也も語る原作の魅

シェイクスピアが描くリチャード三世を主人公とする、菅野文の『薔薇王の葬列』(「月刊プリンセス」秋田書店)。狡猾で残忍な性格の王として悪名高いリチャード三世を、男女二つの性をもって生まれたことを秘密に抱える存在として美しくドラマティックに描き上げた作品として人気を博している作品である。
2022年1月にアニメ化、そして6月には舞台公演がスタートする。二つの性を持つ主人公という特性を活かし、リチャードを若月佑美と有馬爽人という男女二人が演じることでも大きな注目を集めているこの舞台の稽古場を取材した。
新キャスト ジャンヌダルク役に佃井皆美が決定!
ジャンヌダルク役 佃井皆美  (c)菅野文(秋田書店)/舞台「薔薇王の葬列」製作委員会
雰囲気は似ているのに性別が違うふたりのリチャード——稽古場取材

取材陣に公開されたシーンのひとつ目は、リチャードとヘンリー(和田琢磨)が出会うところだ。
座りながら語るヘンリーに距離を保ちながらも興味を示すリチャード。ビジュアル的にも美しいこのシーンをよりドラマティックに見せるようと、演出の松崎史也が近くで指示を出す。松崎は『人狼 ザ・ライブプレイングシアター』シリーズの出演やMANKAI STAGE『A3!』の演出など、心の機微を描くのがとても巧妙な演出家だ。「こういう感じに」と自らが動いて演じてみることもあり、心情と身体の動きを一致させるのに多くコミュニケーションを取って、役者と感情の共有をしているのだろう。
舞台『薔薇王の葬列』稽古場取材
ふたりのリチャード/舞台『薔薇王の葬列』稽古場取材
稽古場は舞台セットが組まれておらず、床にテープで目印が引かれているのみ。何もない空間はとても広く感じられる。はじめにリチャードとして稽古に入ったのは若月。一通り終わったら交代して有馬のターンになる。体格や雰囲気はどことなく似ている二人ではあるが、いざ演技に入るとそこに多少の差異が出る。
ひとつの役を二人が担当するWキャストという制度は演劇ではよくあることではあるが、それを異なる性別の男女が担当するのはなかなか前例がない。この後に記載する会見でも語っていたが、この特性を存分に活かした「舞台」ならではの面白さをどう表現していくのか、これからの稽古に期待したい。
若月のリチャード/舞台『薔薇王の葬列』稽古場取材
有馬のリチャード/舞台『薔薇王の葬列』稽古場取材
二つ目のシーンは、ヘンリーが王座を公爵リチャード(谷口賢志)に受け渡す、アクションが多いシーン。
ヘンリーの息子であるエドワード王太子(廣野凌大)、ヘンリーの妻マーガレット(田中良子)をはじめランカスター側の人間、そしてヨーク家長男エドワード(君沢ユウキ)、次男ジョージ(高本学)、リチャードの世話係ケイツビー(加藤将)、ウォリック伯爵(瀬戸祐介)らが素早いテンポで入り乱れて一刻一刻と戦況が移り変わる。
ひとつシーンが終わるとそれぞれが、よりよく見せるためにどう動けば良いかと熱心に話しあっている様子がうかがえる。コミュニケーションをしっかり取って、小さなパーツが組み合わさって大きな流れを作っていくような、一つひとつしっかりと土台固めをして丁寧に作っているなという印象を受けた。
舞台『薔薇王の葬列』稽古場取材
舞台『薔薇王の葬列』稽古場取材
ヘンリーとヨーク公爵リチャード/舞台『薔薇王の葬列』稽古場取材
舞台『薔薇王の葬列』稽古場取材
演出・松崎文也が語る『薔薇王の葬列』の魅力——取材会の様子
ーー舞台化ということで、この作品をどのように捉えていますか。
演出 松崎史也:まず原作はすごく好きです。自分が演劇を演出家としてやっていく中で、シェイクスピアを自分なりに解釈して再構築して上演するということをライフワーク的にやっていく中で、コミックスとアニメにすごくシンパシーを感じていました。シェイクスピアの好きなところを漫画的・アニメ的に現代に最適化して届けるということをコミック原作が成し遂げていて、そこにすごく共感しています。
特に素晴らしいのが、原作のリチャード三世は「せむし男」でとても醜悪な稀代の悪役として描かれていますが、『薔薇王の葬列』では両性具有の母親に愛されていない人物として描くことで、(原作のリチャード三世が)ねじれて曲がっていったということをそう表現するのかという見事さとともに、非常に現代的なテーマにアップデートされているというところです。ジェンダーやネグレクトなど、現代社会のシンプルな問題点に完全にリンクしていて、それを美しい菅野先生の絵のタッチを通すことですごく伝わりやすくなっているのが、この『薔薇王の葬列』のとても好きなところです。
演出 松崎史也
2.5次元舞台もシェイクスピアも携わっている自分が、演劇としてやらせてもらえるということ。「この座組みでそれをやれるなら、やりたいことは山ほどあるからなるべく全部やっちゃおう!」ということで、内田さん(脚本:内田裕基)と話をさせていただいて、今ここに至っています。先日の台本の読み合わせの段階で、すでに作品の成功は確信できています。実力が確かで演劇を愛してやってきている役者のみんなと、この作品をできることをすごく嬉しく思っていて、今すごく楽しいです。
ーー発表された、ジャンヌダルク役の佃井皆美さんについて
松崎:なぜ彼女がジャンヌ役か。それは彼女は演劇界のジャンヌ・ダルクだと思っているからです。小劇場で初めて拝見した時から、なんてしなやかで力強いんだと。ジャンヌとジャンヌダルクってイコールな存在ではないですが、舞台では両方をやってもらうつもりです。リチャードもジャンヌも中性的な存在。佃井さんは女性的でありながらユニセックスなところも出せる。とても魅力的で、加えてアクションもできる。見せ場を担ってもらえると思っています。
稽古場に来ると美しい嫁と可愛い子どもたちがいて
ーー作品に対する思いや稽古の感想などを教えてください。
リチャード役 若月佑美:稽古はこれからたくさん詰めていきますが、ひとりで台本を読んで思っていた方向性ではないものがたくさん見えてくるんだろうなと。キャストの皆さんに影響を受けて、自分も頑張ろうと思っている現状です。『薔薇王の葬列』は読めば読むほどいろんなところへの気づきがあって面白く、すごく好きな作品です。2.5次元としての美しさもありつつ、昔ながらのシェイクスピア演劇の要素も入っていて、とても面白い舞台になるんじゃないかと思っています。
リチャード役 有馬爽人:まずはこの作品に出演できることに感謝しています。稽古が始まってから初めて経験することも多く、僕の中で新たな挑戦で目標である、たくさんの引き出しを作りたいというもののひとつでもあります。体に感じる痛みや心の痛みが、台本を読むたびに辛く苦しくもなりますが、でも希望を持って生きたいし……というような思いが日に日に強くなっていっています。本番まで稽古でもっとリチャードの深さを追求して、原作・アニメ以上のリチャードを見せていければと思っています。
リチャード役 有馬爽人(左)、若月佑美(右)
ヘンリー役 和田琢磨:王家の物語でもあるので、自分の地位や権威とかに対する欲望、人の愚かさ・醜さが非常に美しく描かれている作品です。一見反比例しているように見えますが、それを両立させるくらいのパワーがあるものだと思っています。ここにいる素晴らしい役者の方々のいろんな表情を間近で見れることが個人的にすごく楽しみですし、お客様に伝えられるように、自分も作品の一部として頑張っていきたいと思っています。
ヘンリー役 和田琢磨
エドワード役 君沢ユウキ:シェイクスピアの話は人間の絡み合いですが、その奥にはすごく重厚な、王家に生まれてしまったことの幸せ、不幸せがあります。リチャードもこういう風に生まれてしまった運命、そして「何人も運命からは逃れられない」ということがあります。例えば『ロミオとジュリエット』のように敵同士で愛し合ってはいけないなど、非常に心が苦しく重い経験が見ている皆さんにもあるかもしれません。個人的にリチャードとヘンリーの関係性が好きです。リチャードには男性キャストがやるからこその女性である苦しみ、女性キャストがやるからこその男性になれないという苦しみというそれぞれ違う一面を持っています。そこを近くで見ることができるのがとても楽しみです。
ジョージ役 高本学:最近2.5次元舞台に出させていただく時には、ダンスや歌とかそういう表現が盛り込まれていることが多いのですが、今回の『薔薇王の葬列』はお芝居だけでやるというところがすごくチャレンジで、キャストの皆さんと演劇のもつパワーでこの世界観を、お客さんを退屈させることなく届けられればいいなと思っております。演劇にも真摯に向き合いたいなと思っていますので、そういうところもジョージとして伝えられればいいなと思います。
ジョージ役 高本学
ケイツビー役 加藤将:ヘンリーのセリフでリチャードの性についての言及に、共感を得ました。もっと自由に自分たちの独自の発想や考えを出すことができれば、もっと違う世界が生まれるんじゃないかなと。そしてそういう影響をお客さんに与えられる作品になるのではないかなと思います。ケイツビーとしてはWリチャードの二人を最後まで見守れるような存在でいられればいいなと思います。
エドワード役 君沢ユウキ(左)、ケイツビー役 加藤将(右)
ウォリック伯爵役 瀬戸祐介:ウォリックという役はこの作品の中で一番実直で素直な人物でないかなと思いながら稽古に励んでいます。私も演劇界のウォリックとしてこの場に立たせていただいていることをありがたくも身が引き締まる思いです。先ほどからシェイクスピアとよく話題に出ますが、僕自身シェイクスピアに触れたのがかなり前なので、あまり意識はしていません。信頼を置ける松崎史也さんの作品なので、「シェイクフミヤ」としてこれが後世に語り継いでいくような作品になるように! 本番でもすごいものを皆さんにお届けすると確信しています。
ウォリック伯爵役 瀬戸祐介
エドワード王太子役 廣野凌大:僕がこの作品をやらせていただくために原作を読んだりシェイクスピアを学んだりしていく中で思ったのは、それぞれが正義を持っていて、純粋に正義や性、愛にしがみついているという印象を受けました。今回そこまで2.5次元に良くあるテクノロジーに頼らないというか、映像などをあまり使わず、あくまでもマンパワーというか人間の力で演じる作品なので、自分も純粋にまっすぐ取り組んでいきたいと思います。
エドワード王太子役 廣野凌大
アン役 星波:私は後からの合流なので、正直まだつかめていない部分が多いです。皆さんから日々送られてくる稽古動画を家で見て、早く合流したいなという思いでいっぱいでした。私が演じるアンはウォリック伯爵の娘ですが、貴族の娘だからこそ自分の気持ちを優先できない人生だと思います。アンはすごくまっすぐで純粋ですが、神の定めた運命に左右されてしまう。もがきながらでも、最後までアンの気持ちを大切に演じていければと思っております。アンはリチャードと絡むことが多いです。リチャードは男性女性二人の役者がいますが、それぞれで私がキャッチできるものも違うと思います。自分の中でも神経を研ぎ澄ませながら、しっかり二人からのアクションをキャッチしていけるようにがんばりたいと思います。
アン役 星波
セシリー役 藤岡沙也香:セシリーをたくさん理解して大切に演じていければと思っていますし、『薔薇王の葬列』というこの素敵なこの世界観を体感してもらえるように、課題が山積みですが頑張っていきたいと思います。
セシリー役 藤岡沙也香
マーガレット役 田中良子:顔合わせで本読みをした時、パッと並んだキャストさんたちを見て「ああやっぱりこの原作にふさわしい、色っぽい役者さんたちだなぁ」とすごく感じました。その中で自分もきっちり毒々しく立っていきたいと思いますし、最終的にはただのひとりの母親として存在できたらいいなと思っております。
マーガレット役 田中良子
ヨーク公爵リチャード役 谷口賢志:コロナって寂しいですよね。独りものの僕はずっとひとりでご飯食べていたこともあり、ここ何年かすごく寂しい思いをしていました。今回は稽古場に来ると美しい嫁と可愛い子どもたちがいて、その寂しさが紛れると言いますか。稽古が始まってすごく幸せだななんて思っていました。でも今日全員がスベリまくっている挨拶を聞いて、帰りたくなりました(笑)。
どうしてもこのコロナ禍の中で「演劇は社会にとって必要なのか」と僕の中でも考えることが多かったです。この厳しい時代、心が苦しい時にみんなを楽しませたり癒したりする作品の方がいいと思うし、何も考えなくても見れる作品が増えたほうがいいとは思いますが、果たしてそういうものが「社会と繋がっていけるのか」とか「社会のためになるのか」と真剣に考えた場合、演劇ができる可能性・力はもっとあるなと思っています。今回『薔薇王の葬列』という素晴らしい作品を通じて、まさにシェイクスピアがやっていたことってそういうことなんじゃないかなと思っています。今回僕たちは娯楽性も高めつつ、社会とつながる覚悟を持って、命がけで「世界に演劇は必要なんだ」と胸を張って言えるように、戦っていきたいなと思っています。
ヨーク公爵リチャード役 谷口賢志
ジャンヌダルク役 佃井皆美:先ほど松崎さんにすごく嬉しい言葉をいただいて、今気が引き締まる思いです。原作を読んですごく胸がいっぱいになって、みんなに感情移入して、私の演じるジャンヌというキャラもリチャードとすごく関わりがあるので、稽古で二人のリチャードと関係性を大切に作りながら素晴らしい作品を皆さんにお届けできるようにがんばりたいと思います。
ジャンヌダルク役 佃井皆美
同じ役でも感じ方が違う。男性らしさと女性らしさという苦悩
ーー男女のWキャストって非常に珍しいと思います。両性具有という非常に難しい設定ですが、その点に関して思うことは。
有馬:性別の違うキャストということで、正直最初は不安でいっぱいでした。役を演じていく上で、若月さんとたくさん話し合って、ここはどういう感情で、どういう思いでいくのかというのを話せば話すほど、意外と思っていることが違ったりがたくさんあって、それがすごく新鮮でした。まだ本番まで時間があるので、自分のことだけではなく、他の役とのことも話し合って、また全く同じではないリチャードを皆さんにお届けできたらと思っています。
若月:男女のWキャストと聞いた時、自分がお客さんとして見に行く立場でもとても面白いなと思いました。実際に稽古では自分ひとりで男性らしさを出そうと思うと結構限界があって。自分が女性として生きよう、こういう仕草をしようと意識していないので、多分自分の姿だけを見ていたら、何が女性らしくて何が男性らしいのかがわかりにくいと思います。今一緒に稽古をしていて、有馬くんの殺陣を見ているとその違いをとても勉強させてもらっています。原作の両性具有という描かれ方は、実際に読んでいる方次第でもあります。男性メインで読んでいる方、逆に女性メインで思っている方がどちらもいるので、私たちが男女でやらせてもらえることで、ひとつ原作ファンの皆様にも面白く思ってもらえるのではないかと思います。
舞台『薔薇王の葬列』稽古場取材
ーー松崎さんにおうかがいします。やって見たいことがたくさんあるとおっしゃってましたが、今言える範囲で教えてください。
松崎:「マンパワー」でいくという点において、今回は舞台美術が回転するんですが、それも人力で回すことにしています。ひとつは『薔薇王の葬列』として人間が舞台上で起こっている感情に合わせて舞台美術を動かすことで、一緒に動かしていけるものがあると思っていて。電動は電動の良さもありますが、演技に合わせてリアルタイムで感情を受けて動かせるということがあります。全体を通したアナログ感は今回大事にしたいと思っています。演技に頼るということが演出家としてはあります。ここは役者に任せてしまおう、とすることでできる表現があると思っているので、今回はその辺を強めにやりたいなと思っています。
舞台装置の模型を見ながら流れを確認中/舞台『薔薇王の葬列』稽古場取材
ーーお客様にメッセージ。
有馬:この作品はとても繊細な物語です。原作の良さ、アニメの良さ、そして舞台の良さはそれぞれ違っています。今回はリチャードが主人公ですが他のキャラクターもとても濃い物語があったり、感情の起伏が激しい作品でもあります。僕がお客様の立場になった時、一回見ただけでは満足しないなとも思っています。Wキャストということもあり、若月さんのリチャードの物語、僕のリチャードの物語もまた違っていくと思います。皆さんたくさん足を運んで、様々な視点で見ていただければと思っています。
若月:現状では稽古が始まったばかりではありますが、キャストの皆さんと少しずつお話させていただく中で、とても原作へのリスペクトが半端ないと感じています。私ももちろん原作は好きですが、会話を重ねることでよりリチャードの感情が見えてきたりとか、ハッとすることも多くて。一番は私たちキャスト、カンパニー全員が愛を持ってこの作品を上演させていただきたい! と思っています。
あとはやはり男女のWキャストということで、感情の面でも違いが出てくるのではないかと。私はヘンリーの言葉の方がぐっときているとか、アンの方が共感できる、など私たち二人の中ですでにそういう差があります。ということはお客さんから見てもシーンが色々違って見えてくるのではと。観劇後に色々会話が生まれるような、そんな面白い舞台にできたらいいなと思っていますので、ぜひ足を運んでくださると嬉しいです。
舞台『薔薇王の葬列』稽古場取材
ヘンリーとマーガレット/舞台『薔薇王の葬列』稽古場取材
舞台『薔薇王の葬列』稽古場取材
ヘンリーとヨーク公爵リチャード/舞台『薔薇王の葬列』稽古場取材
舞台『薔薇王の葬列』は2022年6月10日(金)から日本青年館ホールにて全14公演を予定。
※未掲載カット含む稽古場写真は【こちら】
取材・文・撮影=松本裕美

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着