「ダンまち」第4期の放送開始日と主
題歌情報発表 新PV、第1~3期を振り
返るダイジェスト動画も公開

(c)大森藤ノ・SB クリエイティブ/ダンまち 4 製作委員会 テレビアニメ第4期「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV 新章 迷宮篇」の放送開始日が7月22日に決定し、新プロモーションビデオ「―ベル・クラネルの軌跡―」と、シリーズを振り返るダイジェストムービー公開された。新キービジュアル、主題歌情報なども公開されている。
 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」シリーズは、大森藤ノ氏によるファンタジー小説(SBクリエイティブ刊)のアニメ化。底知れないダンジョンを中核として発展した迷宮都市オラリオを舞台に、女神ヘスティア(CV:水瀬いのり)を崇敬する冒険者ベル・クラネル(松岡禎丞)らの奮闘を描く。第4期では、さらなる昇格(ランクアップ)を遂げたベルに、ダンジョン未到達階層への遠征任務がくだされる。
 新PV「―ベル・クラネルの軌跡―」はタイトルの通り、主人公であるベルのこれまでの足跡をたどる内容。さらに、ダンジョン下層“新世界”に足を踏み入れ未知なる冒険に挑まんとする、彼と仲間たちの新作カットも収録されている。
(c)大森藤ノ・SB クリエイティブ/ダンまち 4 製作委員会(c)大森藤ノ・SB クリエイティブ/ダンまち 4 製作委員会 ダイジェストムービーは、Warner Bros. Japan Anime公式YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCcjqSFXBg2cGQg5r0YooMiA)で、3本が同時公開。2015年放送の第1期、19年放送の第2期「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII」、20年放送の第3期「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII」、それぞれのストーリーを約7分間に凝縮した内容となっている。
 新キービジュアルには、ベルを中心にリリルカ・アーデ(内田真礼)、ヴェルフ・クロッゾ(細谷佳正)ヤマト・命(赤﨑千夏)、サンジョウノ・春姫(千菅春香)らメインキャラクター10人が集結。ベルを除く9人おのおのの姿を描いた新キャラクタービジュアルも公開されている。
 オープニング主題歌は「sajou no hana」が歌う「天灯」に決定。同ユニットは、第3期のエンディング主題歌、挿入歌からの続投となる。エンディング主題歌「Guide」は、リュー・リオン役でシリーズに出演している早見沙織が歌唱する。
 第4期の放送は7月22日深夜1時5分から、TOKYO MXとBS11でスタート。25日午後10時30分からは、AT-Xでもオンエアされる。配信はABEMAほかで順次開始予定。放送開始に向けてTOKYO MXとBS11では、7月1日、8日、15日と3週連続で特別番組を放送する。いずれも深夜1時30分から開始。
 そのほか、ニコニコ生放送ではシリーズ作品の一挙放送を実施している。6月12日まで第1期をタイムシフト視聴でき、5月29日に「ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝」、6月9日に「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII」、「劇場版ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか―オリオンの矢―」、6月12日に「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIII」が公開される。
 以下に主題歌アーティストからのコメントを掲載する。
【sana(sajou no hana)/オープニング主題歌】
多くの悲しみや傷を抱えながらも、高みに向かって奮闘するベル君や仲間たちの姿には感銘を受けてばかりです。
今回は作品全体を盛り上げていけるよう、熱くて深い情熱をストレートに歌に込めました。
4期で待ち受けている新しい冒険も全力で応援していきます!
キタニタツヤ(sajou no hana)/オープニング主題歌】
「天灯」は、熱気球のように熱せられた空気の浮力で飛んでいく灯りです。
何かへの憧れを熱源として、更なる高みへ羽ばたいていくひと。
誰しもに大小問わず憧れの念があり、そうして何かを見上げる人の背中を見守るような歌を作りました。
【渡辺翔(sajou no hana)/オープニング主題歌】
こうしてダンまちにまた関わらせていただきとても光栄です。
前作の「Evergreen」ではエンディングとしてキャラクターに寄り添えるよう、今回の「天灯」では今シリーズを包み込めるような作品に仕上がってると思います。
アニメの世界観をより増幅させる曲になっているので、ぜひ楽しみにしていてください。
【早見沙織(エンディング主題歌)】
物語がこれまで以上に激しさを増す「ダンまちIV」。
エンディングテーマとして制作させていただいた「Guide」は、深い包容力を持ちながらも、前に進む強い意志を秘めた楽曲です。渡辺翔さんの紡がれる温かい音に包まれながら、まっすぐに歌を乗せていきました。心の底からじんわりと生命力が湧いてくるような言葉が詰まっていますので、ぜひ歌詞と共に味わっていただけるとうれしいです。
必死に未来を描く冒険者たちの、背中を押す楽曲になることを願っています。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着