約4年ぶりに来日したトム・クルーズ (C)エンタメOVO

約4年ぶりに来日したトム・クルーズ (C)エンタメOVO

トム・クルーズ「私は仕事で夢を生き
る幸せな人間」 『トップガン マー
ヴェリック』を携え、約4年ぶりに来

 映画『トップガン マーヴェリック』来日記者会見が23日、東京都内で行われ、主演のトム・クルーズとプロデューサーのジェリー・ブラッカイマー氏が登壇した。
 本作は、クルーズが伝説のパイロット・マーベリックを演じ、一躍ハリウッドの頂点へと上り詰めた名作『トップガン』(86)の続編。
 約4年ぶり、24回目の来日となったクルーズは、久々に日本に来た感想を聞かれると、「とてもワクワクしています。ここに来ることができて、また、この作品を持ってくることができて、とてもうれしいし、興奮しています」とあいさつした。
 36年ぶりの続編製作については、「ファンを失望させたくないという思いもあったし、容易な選択ではなかった」としつつ、その仕上がりには、「大きなスクリーンで楽しんでいただける作品になっていると思います」と自信をのぞかせた。
 今年60歳を迎えるクルーズ。「(前作と本作の間の)36年間、どんな努力をして、何を心掛けてここまできたか?」と尋ねられると、「とにかく仕事を一生懸命すること。非常にシンプルです」と回答。
 「なぜなら、私は夢を生きることができている幸せな人間だから。映画を作り、世界中を旅することができています」と続けた。
 「人間が大好きで、幼い頃から好奇心旺盛」というクルーズ。学ぶことも大好きだといい、「常に自分を高めるための努力をしてきました。そして努力を続ける中で、素晴らしいことは、必ずまた越えなければいけない“山”が現れること。映画の作り手として、常に有能であれるように努めています」と自身のスタンスを話した。
 ブラッカイマー氏は、そんなクルーズの姿勢について、「トムはまるでアスリート。今回の飛行機だけでなく、もちろん『ミッション:インポッシブル』シリーズのスタントも、ほとんど自分でこなしています。そして、それを安全にやり遂げるため、最高のコンディションで臨めるよう、トップのサッカー選手のようにトレーニングをして体を鍛えているんです」と明かした。
 映画は5月27日から公開。
[gallery ids="1331273,1331274,1331275,1331276,1331277,1331278"]

アーティスト

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着