トム・クルーズ(左)とジェリー・ブラッカイマー氏 (C)エンタメOVO

トム・クルーズ(左)とジェリー・ブラッカイマー氏 (C)エンタメOVO

トム・クルーズ、横浜港でファン400
人と交流 「来年の夏も、その翌年も
戻ってきます」

 映画『トップガン マーヴェリック』ジャパン・プレミア・レッドカーペット・セレモニーが24日、神奈川県横浜市で行われ、主演のトム・クルーズとプロデューサーのジェリー・ブラッカイマー氏が登場した。
 本作は、クルーズが伝説のパイロット・マーベリックを演じ、一躍ハリウッドの頂点へと上り詰めた名作『トップガン』(86)の続編。
 会場となった横浜港 大さん橋 国際客船ターミナルには、93メートルのレッドカーペットが敷かれた。スーツ姿で登場したクルーズは、会場に集まったファン400人と笑顔で会話をしたり、写真撮影に丁寧に応じるなど、じっくりと交流を楽しんだ。
 約4年ぶりに来日したクルーズは「日本に戻って来ることができて、本当にうれしく思います。ちょっと長過ぎましたね。もっと早く戻りたかったのですが」とコメント。
 「久々にファンと対面した感想」を尋ねられると、「私の方が興奮しています。とても特別な夜になりました。一生懸命この映画を作りました。本物のジェット機も、自分の飛行機も登場しています。皆さんに映画を楽しんでもらって、すてきな夏を過ごしてもらえたらと思います」とメッセージを送った。
 また、この場に来ることができなかったファンに向けて、「心配しないでください。来年の夏、『ミッション:インポッシブル:デッド・レコニング パート1(原題)』で、必ず戻ってきますし、またその翌年も戻ってきます。ですので、そのときにお会いしましょう」と力強く呼び掛けた。
 一方、ブラッカイマー氏は、公開を目前に控えた今の心境を、「エキサイティング。とにかく早く、大きなスクリーンで見ていただきたい」とコメント。「トムの魅力を一言で」という問いには「マジカル。魔法です!」と答えた。
 イベントのクライマックスでは、クルーズからの“プレゼント”として、150発の花火が夜空に打ち上げられた。
 映画は5月27日から公開。

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着