五木ひろしが北前船交流拡大機構より
「北前船大使」委嘱第一号に任命 オ
フィシャルレポートが到着

2022年5月27日(金)品川プリンスホテルアネックスタワー5Fプリンスホールにて、「一般社団法人北前船交流拡大機構結成6周年記念」及び「一般社団法人地域連携研究所自治体会員制度発足記念」祝賀会が開催された。
同祝賀会に先がけ、5月25日に新曲『北前船/港町恋唄』を発売した歌手の五木ひろしがステージに登壇。
北前船をテーマにした新曲を五木が発売したことを祝して、北前船日本遺産推進協議会会長の宮元陸氏(加賀市長)から「数多くの名曲を通じ、日本の心を美しく彩ってこられたあなたが『北前船』『港町恋唄』を歌われるということは、国内外に北前船の魅力を発信する大きな力となる」と感謝状が授与され、北前船交流拡大機構理事長の浜田健一郎氏からは北前船大使委嘱第一号に任命された。
宮元陸氏と感謝状を手にする五木ひろし
浜田健一郎氏と委嘱状を手にする五木ひろし
本日が初披露という北前船が描かれた着物で登場した五木は、新曲『北前船』を披露。「北前船は今年で350周年。当時は船しか運ぶ手段がなく、男たちが夢とロマン、希望にあふれて、日本海を中心に文化を運び届けた。日本の歴史の大きな礎を築き上げた」と北前船の歴史に言及。「多くの方々が歴史を大事にしていて、節目の年に何か歌を作ろうということになった。私自身が福井県出身で、福井の敦賀港は昔から貿易の中心でもあった。そんな縁もあって、お話をいただいた」と同曲を歌うことになった経緯を語ってくれた。
また、五木は「長きに渡って歌手人生を歩んできましたが、これほどまでに歴史を大切にするテーマの歌を歌わせていただくことを光栄に思います」と話し、「とにかく男らしい勇ましい歌。まさに船に乗って荒波に向かって頑張っている姿を描きたい。あとは日本の歴史ですから、和のテイストにちょっとしたロックテイストの編曲をしてもらいました」と同曲の魅力を解説。発売から2日しか経過していないものの、五木は「今のところAmazon1位(演歌カテゴリ)です。これから先、いい形で大ヒットに繋がっていくように頑張って歌っていきたいと思います」と力強く宣言していた。
カップリングの『港町恋唄』にも触れた五木。現在、北前船には60の寄港地が登録されているといい「60カ所を歌にするには、1つの作品では表現しきれません。なので、Aタイプ、Bタイプ、Cタイプと作りました。歌は同じなんですけど、最後の寄港地だけが3つの歌によって全てを網羅する曲に仕上げました。お買い上げいただく方は、それぞれの地元を探していただいて選んでいただければと思います。もちろん、3タイプ全部買っていただいても」とPR。
五木ひろし
先日まで行われていた明治座での公演でも『北前船』をファンの前で披露していたといい、「ファンの皆様の反響が良かったです。私は女心を歌っている歌が圧倒的に多く、こういったタイプの歌はありそうでなかった。ここまで勇ましい男を題材にした曲は過去になかったので、新鮮に感じていただいたのかも知れませんね」と好スタートをきった理由を分析していた。
任命式を終えた五木は、記者団の質疑応答に対応。北前船大使委嘱第一号に任命された気持ちを問われると「大使にしていただくことは全然考えていなかった。大変びっくりと同時に、光栄に思っています。これに恥じないよう、より一層頑張りたいという気持ち」とコメント。
また。10月にはフランスで北前船のフォーラムが開催予定といい、五木は「私は参加できるか分からないですが、食文化はフランスと繋がっている。私の故郷の福井は昆布。昆布は今、世界的に受け入れられていて、そこに歌が加わるということで、より一層深い繋がりになってくれればと思います」と北前船大使としての抱負を語ってくれた。
最後に五木は「このお話をいただいたとき北前船を調べ、調べれば調べるほど、歴史を感じた。歌は350年という歴史はありませんが、でも、そこに繋ぎ合わせて、歌もこれから繋がっていってくれればいいなと思う」と、演歌に対する熱い想いを北前船の歴史に重ね合わせていた。
五木ひろし

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着