志麻(浦島坂田船) 新旧織り交ぜ、
世界を旅するようなセットリストで愛
と感謝を届けたツアーファイナル

SHIMA LIVE TOUR 2022 -ミチシルベ-

2022.5.21 Zepp DiverCity
ボーカルユニット・浦島坂田船志麻が、2年ぶり3枚目となるソロアルバム『ミチシルベ』の発表に合わせ、全国6都市を巡るワンマンツアー『SHIMA LIVE TOUR 2022 -ミチシルベ-』を5月に開催。長引くコロナ禍にあって国境を越える往来が気軽にできなくなってしまったけれども、音楽でならさまざまな国を自由に旅することができる。そんな楽しみをあらためて教えてくれたツアーのファイナル、5月21日に行われた東京・Zepp DiverCity公演の模様をお伝えする。
会場に足を踏み入れてまず驚かされたのは、生い茂る緑、張られたテントやたき火を模したライト、“ミチシルベ”と書かれた標識など、アルバム『ミチシルベ』のジャケットビジュアルの世界観をそのまま持ち込んだようなステージセット。志麻のこだわりが詰まった、非日常を味わえる空間だ。
ソロキャンプに挑む志麻の姿を収めたオープニングムービーにますます期待感が高められたところで、ステージにバンドメンバーとダンサー、黒のジャケット&細身パンツに白いインナーを合わせた志麻が登場。「今日は楽しい思い出を作っていきましょう!」と呼びかけて「恋々遊々」へ。世界の国々をテーマに全曲書き下ろされた『ミチシルベ』の、幕開けを飾る和情緒に満ちたナンバーだ。キレッキレにダンスしながら艶やかな歌声を響かせて、ダンサーと手をつないでの“かごめかごめ”ステップ、“せっせっせ”の手遊び、志麻リス(志麻ファンの呼称)とのジャンケンなど、いきなり楽しいが過ぎる。
「東京、いこうぜ!」と気勢を上げたのは、疾走感あふれるロックナンバー「Tokyo Deadman’ s Wonderland」。がなり気味な<壊せばいい>、「東京、もっといけるよな!?」という煽りに、1階席・2階席でも志麻のイメージカラーである紫のペンライトがよりいっそう大きく揺れる。
志麻
スパニッシュなギターで始まったのは、スペイン語で“シンデレラ”を意味する「セニシエンタ」。赤メインのライトに照らされながら、巻き舌の<Olé>にしても、指先までしなやかなフラメンコ風ダンスにしても、腰布を巻いたダンサーとの闘牛的な見せ場にしても、情熱の国・スペインへといざなってくれる。とことんエモーショナルな「最適解」、ドラマティックな「ジャガーノート」の流れも、胸アツじゃないか。
「ついにやってきました、東京ファイナル! 次はタオルを使う曲です。タオルを持ってない人はペンライト振ってください!」
そう言うと、「ジャマイカ・ジョー」へ。タオルを回したり、ドラム台から持ってきたスティックを振ったり、大きくジャンプしたり。ジャケットを脱いだ志麻、彼にはやっぱりノースリーブトップスがよく似合う。
サイケデリックなライティングがぴったりな「Magiない♡カリグラフィック」では、インドにひとっ飛び。コミカルな歌い方も、頭にターバンを巻いたダンサーとの“ボリウッドダンス”な動きも中毒性が高い。3作目のソロ作品でまたまた新たな扉を開いた志麻は、曲終わりでステージ袖にハケるときまで手を抜かない男でもある。
今ツアーの幕間映像は、志麻の初・ソロキャンプを記録したもの。紫の車を運転して富士山近くのキャンプ場へ向かい、テントを設営して、薪を割り火をおこし、豪快なキャンプ飯を堪能したあとは、露天風呂で疲れを癒して、ぬいぐるみ“まぁる”と一緒に夢の中へ。翌朝は自然の中でラジオ体操をして、ホットサンドとコーヒーでエネルギーチャージ。「夢がって嬉しいです!」と言って見せる素の笑顔も、志麻リスを悶えさせてしまう。
かと思えば。モノトーンの柄スーツに着替え、K-POPな「FIREFIRE」では韓国語のフレーズもかっこいいを極めて、「Oxygen」では色気大爆発。世界各地の“ミチシルベ”を辿ってみれば、志麻の開花が止まらない。
志麻
ソロキャンプ後、その足で『浦島坂田船 Spring Tour 2022 ~令和浪漫~』の山口公演に向かったという裏話を明かし、ギタリスト・たいちょうの同級生だというドラマー・KAZに「声も素敵でしゃべりもうまい!」とベタ褒めされたMCタイムから、あまりにも切ない「spill」へ。「大事にしている曲です」という志麻の想いが、その歌声から、表情から、ひしひしと伝わってきた。
強気なラップが映えるゴリゴリなミクスチャーナンバー「NEVER LET YOU DOWN」でロックの地・アメリカに飛び、先のMCでうっかりネタバレしてしまった「ボードゲームライフ」、挑発的な仕草&ダイナミックなダンスでダメ押しをした「ダスティピンク」というたたみかけは、圧巻。ライブ終盤にして、歌声もパフォーマンスも精彩を放ち続けている。
真っ直ぐな歌声を響かせ、アウトロで「みんな来てくれてありがとう。俺は最高に幸せです!」と心からの言葉を口にした「ニバンボシ」。その後のMCでの、「いろんな活動をしている方がいる中で、志麻という星を見つけてくれて本当にありがとう」という言葉にも、ぐっときてしまう。志麻リスにとって、彼は間違いなく一番星だ。
志麻
「ライブはバンドメンバー、スタッフ、なにより志麻を応援して、足を運んでくれるみなさんがいて完走することができます。家から応援してくれる人たちも含めて、感謝してもしきれません」
胸いっぱいの愛を言葉に託して。「志麻の背中を押してくれたみんなとひとつになりたいと思います!」と前置きしたのは、『ミチシルベ』の最後に収められている「こころあわせ」だ。コロナ禍でライブの中止や延期が繰り返され、先が見えなかったときも。<ずっと待っていて>くれた<君>を、どれだけ大事に想っているか。最後には、感極まって涙声になった志麻。志麻と志麻リスの<こころ>は、なにがあったってひとつだ。
笑顔でステージに戻った、アンコール。「CRAZY BUNNY!!」では志麻リスのテンションを爆上げして、「愛してもいいかい?」では「志麻リス大好き!」と叫んだ志麻。新旧織り交ぜ、世界を旅するようなセットリストで楽しませて、愛と感謝を直に届けてくれたこのライブは、志麻リスたちにとっていつまでも心の道標になるに違いない。

文=杉江優花 撮影=小松陽祐(ODD JOB)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着