(左から)河原雅彦、古川雄輝、浜野謙太 (C)エンタメOVO

(左から)河原雅彦、古川雄輝、浜野謙太 (C)エンタメOVO

古川雄輝、3年ぶりの舞台出演で「壁
にぶつかっている」 浜野謙太「バン
ドとしてもすごく乗っています」

 舞台「室温~夜の音楽~」合同取材会が31日、東京都内で行われ、出演者の古川雄輝と浜野謙太、演出の河原雅彦が出席した。
 本作は、ケラリーノ・サンドロヴィッチが2001年に作・演出を手掛けたものを、21年ぶりに河原の演出で上演する。
 人間が潜在的に秘める善と悪、正気と狂気といった、相反する感情に、恐怖と笑いを織り込んだホラーコメディーで、音楽は、河原のたっての希望で「在日ファンク」が担当。同バンドでボーカルを務める浜野は、本作に役者としても出演する。
 まず、役者としてではなく、在日ファンクとしてオファーを受けたという浜野は「在日ファンクがやっていた、観念的だったり、死の部分をもっと広げてくれるんじゃないかといううれしみがあったので、ぜひやりたいと」と振り返った。
 本作のために書き下ろした新曲もあるそうで、「僕らバンドがライブだけでは表現できなかったものを引き出してもらえていて、バンドとしてもすごく乗っています」と語った。
 一方、3年ぶりの舞台出演となる古川は「稽古ってこんな感じだったっけと新鮮さもありますし、楽しくやりたいと思いながら稽古に入りましたが、まだそこには至れていません。思っていたより何十倍も難しく、早い段階で壁にぶつかっている」と不安も吐露した。
 正直な思いを話す古川を見た浜野は「脚本が難しいので、稽古場で“みんな分かってるよね”という雰囲気になることがあるんですよ。その中で、(古川は)ポカーンとしている。(分かっているふりをしないから)信頼できると思っています」と話した。
 河原も古川の印象を「とても誠実で、分からないことは分からない、できないことはできないという。でも、分からないなりにも、要求したものに近いものを出してくれる。彼がふに落ちたときには、魅力がのびのびと加味されるので、オリジナリティーのある役になるのではないかと思います」と語った。
 舞台は、6月25日~7月10日に都内・世田谷パブリックシアター、7月22日~24日に兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールで上演。

エンタメOVO

新着