鈴木勝吾、平野良、新キャストとして
長江崚行が出演 ミュージカル『憂国
のモリアーティ』Op.4 2023年に上演
決定

2023年1月27日(金)~1月29日(日)新歌舞伎座にて、2月2日(木)~2月12日(日)天王洲 銀河劇場において、ミュージカル『憂国のモリアーティ』Op.4の上演が決定した。このたびティザービジュアル、出演キャスト、公演詳細が発表された。
ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ 鈴木勝吾
シャーロック・ホームズ 平野良
アルバート・ ジェームズ・モリアーティ 久保田秀敏
ルイス・ ジェームズ・モリアーティ 山本一慶
セバスチャン・モラン 井澤勇貴
フレッド・ポーロック 長江崚行
ジョン・H・ワトソン 鎌苅健太
ミス・ハドソン 七木奏音
ジョージ・レストレード 髙木俊
チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン 藤田玲
原作の『憂国のモリアーティ』は、集英社「ジャンプSQ.」で2016年8月から連載されている、構成/竹内良輔、漫画/三好輝による人気漫画。コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」を原案に、ホームズ最大の宿敵であるモリアーティ教授視点で再構築された物語。上流階級の人間達に支配され差別が蔓延している19世紀末の「大英帝国」を舞台に、階級制度による悪を取り除き、理想の国を作ろうとするジェームズ・モリアーティと、宿敵シャーロック・ホームズの戦いが中心に描かれる。
脚本・演出には西森英行、音楽は、ただすけという布陣で、ピアノとヴァイオリンの生演奏を交えた舞台作品という、ライブエンターテイメントならではの魅力を楽しめるミュージカルは、今作も健在だ。
公開されたティザービジュアルは、これまでのウィリアム、シャーロックに加え、彼らに立ちはだかる脅迫王・ミルヴァートンのシルエットをあしらったデザインとなっている。
そして、フレッド・ポーロック役には、新キャストとして長江崚行の出演が決定。あわせて、これまでフレッド・ポーロックを務めていた赤澤遼太郎からメッセージが到着した。また、これまでのシリーズ3作品のライブ音源をCDとして発売することも決定している。
赤澤遼太郎 メッセージ
2019年5月の初演から3作品。沢山の方々に支えていただきました。僕にとって、"モリミュ"の現場はとても刺激的で、ミュージカルや極上の先輩方との出会いでもありました。フレッドとして生きれた日々は、大切な宝物です。これからも彼の変装術のように、色々な姿を披露できる役者を目指し、日々努力していきたい所存でございます。本当にありがとうございました!

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着