【トップガン】宮野真守、諏訪部順一
の吹き替えに爆笑「メチャメチャ面白
いなこの映像」

トム・クルーズ主演の伝説のスカイ・アクション映画最新作「トップガン マーヴェリック」。その公開直前イベントが行われ、ラーヴェリック(トム・クルーズ)役の森川智之さん、ラーヴェリックの相棒だったグースの息子ルースター(マイルズ・テラー)役の宮野真守さん、そして吹き替え演出を担当した依田孝利さんが登壇。イベントでは、公開されているメイキングや予告編などを見ながら感想を交えてトークが行われました!吹き替え声優さんが豪華すぎて、予告などを見ているだけでも超胸熱です!トップガン、今作のストーリーは…?アメリカのエリート・パイロットチーム“トップガン”。しかし彼らは、ベスト・オブ・ザ・ベストのエースパイロット達をもってしても絶対不可能な任務に直面していた。任務成功のため、最後の切り札として白羽の矢を立てられたのは、伝説のパイロット“マーヴェリック”(トム・クルーズ)だった。記録的な成績を誇る、トップガン史上最高のパイロットでありながら、常識破りな性格と、組織に縛られない振る舞いから、一向に昇進せず、現役であり続けるマーヴェリック。なぜ彼はトップガンに戻り、新世代トップガンと共にこのミッションに命を懸けるのか?大空を駆け抜ける興奮、そして“胸熱”な感動がここに!スカイ・アクション最新作がついに公開!(パラマウント・ピクチャーズ(日本版)YouTubeチャンネルより)諏訪部さんの吹き替えに爆笑の宮野さん今回は、メイキングも吹き替えバージョンが公開。ほとんどの洋画のメイキングは字幕のままのことが多いですよね。メイキングにアフレコするのは初めてだったと、森川さんと宮野さんも話していました!そのメイキングに登場したプロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーの吹き替えを大塚芳忠さん、監督ジョセフ・コシンスキーの吹き替えを諏訪部順一さんが担当されていて、豪華すぎて耳が幸せにしながらも、目と耳の両方をフル稼働させて見入っていました。そんな中、映像を見ながら爆笑する宮野さんに目が行きまして、映像を見終わった後の第一声が、「メチャメチャ面白いなこの映像」。どこに触れていいのか、と言いながら笑ってるし、森川さんも「どこから触れます?」と楽しそう。メイキングにしか出ていない大塚芳忠さんと諏訪部順一さんに爆笑されていたよう。トップガンファンの諏訪部さんに、依田さんは「飛行機に乗りたかった」とクレームを言われたそうです。こんな豪華なメイキングもないと思うので、メイキングも含めて確認するべし!吹き替え版キャストは超豪華!森川さんのTwitterでも公開されていましたが、吹き替えキャスト発表の映像も、壮大すぎるコントなのかと疑うぐらいすごすぎて、映画にかける意気込みが伝わってきました。あの場にキャストが勢ぞろいしていたら、さらに感動で叫んでいたかもしれません。お二人のアツイ思いを共有したいので、映画館に行ってきたいと思います!※個人の感想を含みます。

新着