名古屋会場の様子 (C)HEADWAX ORGANIZATION CO.,LTD.

名古屋会場の様子 (C)HEADWAX ORGANIZATION CO.,LTD.

hide、
特別企画展の終了迫る!
ミュージアムグッズ新商品発売
&トレーラー公開

X JAPANのギタリスト・HIDEとして、そしてソロアーティスト(hide with Spread Beaver/zilch)として、日本の音楽シーンに多大な影響を与え続ける“hide”の特別企画展『PSYCHOVISION hide MUSEUM Since 2000』が、愛知県名古屋会場である金山南ビル(旧名古屋ボストン美術館)にて開催されている。

待望の名古屋上陸、そして6月20日(月)までの会期とあって、連日、日本全国から多くのファンが来場し賑わいを見せている。

オリジナルGOODS新商品販売が決定!

6月6日(月)より、ミュージアムオリジナルGOODSの新商品販売が決定! 「幻の工芸品“卵殻手(らんかくて)”」がhideの名の下、ついに復活。名古屋会場にて先行販売されている。幻の工芸品“卵殻手(らんかくて)”。その薄さは約1ミリで、極めて薄く重さを感じないほどの磁器の底にhideの姿が浮かび上がる魅惑のフリーカップが満を持して登場。

それは、江戸時代から明治にかけてヨーロッパに輸出され人気を博した“卵殻手”といわれる磁器。なかでも光に透かすことで器の底に図柄が浮かび上がる素地に、九谷焼による上絵が施された品は、今では骨董品でしか目にすることができない知られざる「幻の工芸品」だ。

この度、日本のカルチャーに誇りを持っていたアーティスト・hideの特別企画展が開催されることをきっかけに、一時、開発が途絶えたこの工芸品が異種の職人たちが手を組み、試行錯誤を重ね、ついに「hide 透絵カップ(すきえカップ)」として完成。

開発に困難を要し職人技が活きたこの商品は、レプリカではない、hideの実物のみを展示しているhide MUSEUMにふさわしい唯一無二の工芸品といえるだろう。

この機会にしか手に入らない貴重なアイテムをぜひ貴方の『hideコレクション』に加えてみてはどうだろうか?

素材:磁器
仕様:本体/美濃焼・絵付/九谷焼
サイズ:経70×高80mm
商品価格:¥16,500(税込)

ーーー
■マルチケース 「EYES LOVE YOU・50% & 50%」
1993年にhideのソロデビュー時にリリースされた2枚のシングル「EYES LOVE YOU」「50% & 50%」のシングルジャケットをモチーフにしたマルチケースが初登場!

ほか、東京会場では販売されていなかった「トレーディングアクリルマグネット」(全10種)、「バースデーキーホルダー」「ポストカードセット」(全6種)も好評発売中。
「hide 透絵カップ」(表)

「hide 透絵カップ」(表)

「hide 透絵カップ」(裏)

「hide 透絵カップ」(裏)

「hide 透絵カップ」(底)

「hide 透絵カップ」(底)

マルチケース 「EYES LOVE YOU・50% & 50%」

マルチケース 「EYES LOVE YOU・50% & 50%」

映画『TELL ME ~hideと見た景色~』
公開記念・映画オリジナルグッズの
特別販売が決定

7月8日から全国公開される映画『TELL ME ~hideと見た景色~』を記念して、6月6日~hide MUSEUMグッズショップにて、映画オリジナルグッズの特別販売が決定!

そのほか、東京・大阪では映画『TELL ME ~hideと見た景色~』POP UP STOREが開催され、グッズ先行販売のほかキャスト陣が着用した衣装や、撮影で使用された小道具、映画の名シーンを収めたパネルなども展示される。詳細は映画公式サイトをチェック!

名古屋会場のトレーラーが公開!

いよいよ6月20日までの開催となる『PSYCHOVISION hide MUSEUM Since 2000』の魅力をより多くの人に知っていただくため、圧巻の展示会場を体感していただけるトレーラーを期間限定で公開中!

名古屋会場である旧名古屋ボストン美術館の美しさを最大限に活かした壮大な展示の様子をぜひチェックしていただきたい。

【名古屋会場】トレーラー映像
※期間限定公開:
2022年6月30日 23:59まで 

コラボレーションカクテルが販売決定!

名古屋会場連携施策として、6月6日(月)より、会場隣接・ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋にて、PSYCHOVISION hide MUSEUMコラボレーションカクテル(アルコール・ノンアルコール)の販売が決定!

当展覧会の半券をお持ちの方対象に、30F バー スターゲイトにてhideのイメージアイコンであるハートのギターをイメージしたドリンク「イエローハート」、「ブラックハート」を提供する。

販売期間:6月6日(月)~6月20日(日)
販売場所:30F バー スターゲイト
販売時間:17:00~23:00(22:30 L.O.)※バータイムのみの提供
購入方法:ご注文の際、半券をご提示ください
販売価格:アルコール ¥1600(税サ込)、ノンアルコール ¥1300(税サ込)

※ドリンク、コースターともにお持ち帰りはできません。
イエローハート

イエローハート

名古屋会場では引き続き、ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋でのレストランランチと入場券がセットになったプランや、名古屋鉄道との連携施策である「名鉄で行く hide MUSEUMきっぷ」の販売、商業施設・アスナル金山での『PSYCHOVISION hide MUSEUM Since 2000』来場者特典なども実施している。

最新の情報は各公式サイトまたは展示会公式サイトにてご確認いただきたい。

■ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋
ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋にて、当展覧会入場券と、ホテル館内の対象レストランのランチがセットになったパッケージプランを提供。また、対象レストランを利用の際、入場半券の提示で飲食代金が割引となる連携施策も実施する。

詳細はANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋公式サイトにて。
公式サイト特設ページ:https://www.anacrowneplaza-nagoya.jp/events/141/

<レストラン ランチ&入場券付プラン>
発売期間:2022年4月22日(金)~6月20日(月) ※要予約

<「PSYCHOVISION hide MUSEUM Since 2000」半券提示特典>
期間:2022年4月22日(金)~2022年6月20日(月) ※期間中有効

名古屋鉄道「名鉄で行く hide MUSEUMきっぷ」
名古屋鉄道では、会場最寄り駅・金山駅までの名鉄電車往復乗車券に、「PSYCHOVISION hide MUSEUM Since 2000」入場券と名鉄金山駅直結駅ナカ商業施設「ミュープラット金山」で使えるクーポン券などがセットになった「名鉄で行く hide MUSEUM きっぷ」を発売。

きっぷに付属する入場券を、当展覧会入館時に3階受付スタッフにお渡しいただくと当きっぷ限定オリジナルステッカーをプレゼント!

詳細は名古屋鉄道公式サイトにて。
名古屋鉄道公式サイト特設ページ:https://www.meitetsu.co.jp/plan/gourmet/detail/1268792_8036.html

■アスナル金山
金山総合駅北口徒歩1分「アスナル金山」にて当展覧会の来場者特典を実施。
対象店舗にて、当展覧会の半券をご提示いただくとお得なサービスを各種提供する。

期間:2022年4月22日(金)~6月20日(月) ※入場当日のみ有効
使用方法:半券を対象店舗へご提示ください
対象店舗・特典内容の詳細は公式サイトをチェック!
アスナル金山 公式サイト:https://www.asunal.jp/

【企画概要】

X JAPANのギタリスト「HIDE」として、そしてソロアーティスト(hide with Spread Beaver/zilch)として、日本の音楽シーンに多大な影響を与え続ける「hide(ヒデ)」。

1998年5月2日急逝後、2000年7月20日にhideの生まれ育った神奈川県・横須賀市に誕生したhideの全てに会える場所 「hide MUSEUM」は、2005年に惜しまれつつ閉館するまでに延べ50万人に及ぶファンの方々が来館。

2020年、hideが永眠してから22年目、23回忌を迎え様々なメモリアルプロジェクトが展開され、その一環として新たなる視点で構成された企画展「PSYCHOVISION hide MUSEUM Since 2000 (サイコビジョン ヒデ ミュージアム シンス 2000 )」が東京会場に続き、名古屋での開催が決定した。

hideが「人間の精神性(アナログ)と科学技術(デジタル)の融合」を意味する言葉として、自身の世界観の言語化=造語に使用した「PSY(+単語)」の表現にこだわり、場内は時系列に沿った形ではなく、「hideの多面にわたる魅力の醍醐味」をカテゴリごとに体感できる5つのゾーンで構成され、幼少期からロックへの目覚め、初めて結成したバンド横須賀サーベルタイガー・X JAPAN・ソロ活動と、アーティストhideが誕生し、世界を魅了するまでのゆかりある品々を紹介。“hideが見据えた未来”をテーマに展開される。

hideオフィシャルマネジメント事務所・HEADWAX ORGANIZATION CO.,LTD.が保管・管理してきた貴重な資料の中から、hideが実際に着用した衣装や愛用ギターを初め、誰もが一度は耳にしたことがあるであろう名曲の直筆歌詞など、hideの体温と、唯一無二の世界観を感じる貴重な「実物」だけを展示。

またヴィジュアルに徹底的にこだわったhideを撮り続けた世界的に活躍するフォトグラファー 管野秀夫氏の全面協力による、圧倒的な作品たちの展示と共にhideとの撮影エピソードが語られる。

そして、令和版hide MUSEUMの新たな試みとして、ARアプリを使用したフォトスポットが設けられるなど「現在進行形のhide」が体感できる展覧会となっている。

当展覧会のメインヴィジュアルはフォトグラファー 管野秀夫氏の写真をもとに、国内外、ジャンルを問わず多岐に渡り活躍しているアーティストの澁谷忠臣氏による作品で、hideの名曲「ピンク スパイダー」からインスパイアされて特別に描き起こしされたアート。

会場では澁谷氏アート他、hideの遊び心が満載に感じられる当展覧会オリジナルグッズや日本の伝統工芸とhideのコラボレーショングッズなどが販売される。(販売グッズの詳細は決定次第、公式サイト上で発表予定。)

また、通常の展覧会で行われる"キャプションを多用した展示"での密状態を緩和するため、あえて文字での表現は削減し、「hideの軌跡と体温」を肌で感じていただけるレプリカではない"本物"の展示にこだわり、hideとのひとときを安心して過ごしていただけるよう配慮されている。

"hideって誰?"
"hideはどんな未来を見据えていたのだろう"
"現在進行形のhideとは?"

ご来場いただいた貴方が、PSYCHOVISIONの出口を出た時、それぞれの答えを胸に羽ばたいていただきたい。

【開催概要】

名称:PSYCHOVISION hide MUSEUM Since 2000
主催:PSYCHOVISION hide MUSEUM Since 2000 名古屋製作委員会
(メ~テレ/ テレビ愛知企画/ 電通名鉄コミュニケーションズ)
後援:FM AICHI / ZIP-FM
企画制作:VISIONS INC. / 株式会社ブレイク
制作協力:株式会社オーク
特別協力・総合監修:HEADWAX ORGANIZATION CO., LTD.
協力:UNIVERSAL MUSIC LLC ほか
期間:2022年4月22日(金)〜6月20日(月) 午前10時〜午後7時まで ※最終受付18:30迄
会場:金山南ビル(旧名古屋ボストン美術館)
所在地:〒460-0023 名古屋市中区金山町一丁目1番1号

<チケット情報>
入場料:一般¥1,600 / 中学生・高校生¥700 / 小学生以下無料(保護者同伴必須)
※ 価格は全て税込
※ 会場窓口、各プレイガイド(イープラス、ローソンチケット、チケットぴあ)のインターネット、全国のセブン-イレブン・ローソン・ミニストップ・ファミリーマート各店舗にて販売。
※ 会場で当日券をご購入の方はピクチャーチケットでのお渡しとなります。
ピクチャーチケットは数量限定のため、なくなり次第終了となります。
各プレイガイドで販売しているチケットはピクチャーチケット仕様ではございませんので、あらかじめご了承ください。
※ 当日券のピクチャーチケットは予定枚数に達し次第、通常の印字チケットに切り替えさせていただきます。

『PSYCHOVISION hide MUSEUM Since 2000 』(C)HEADWAX ORGANIZATION CO.,LTD.
名古屋会場の様子 (C)HEADWAX ORGANIZATION CO.,LTD.
「hide 透絵カップ」(表)
「hide 透絵カップ」(裏)
「hide 透絵カップ」(底)
マルチケース 「EYES LOVE YOU・50% & 50%」
イエローハート
当きっぷ限定オリジナルステッカー
ピクチャーチケット
映画『TELL ME ~hideと見た景色~』(C)2022「TELLME」製作委員会
澁谷忠臣
hide

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着