【日向坂46】人気ユニット”りまちゃ
んちっく”の魅力を解説

日向坂46の人気ユニット”りまちゃんちっく”をご存知でしょうか。”りまちゃんちっく”とは、潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高本彩花(敬称略)の5人のメンバーで構成されるユニットで、今までに3曲が披露されています(2022年5月現在)。今回は、そんな”りまちゃんちっく”の魅力について、ご紹介させていただきます。”りまちゃんちっく”は神曲揃い彼女たちのユニット曲は、以下の3曲がリリースされています。・沈黙した恋人よ・ハロウィンのカボチャが割れた・ママのドレスどれも人気曲となっていて、楽曲によって、彼女たちの笑顔や切ない表情をみることができます。「沈黙した恋人よ」は、ひらがなけやきファンの間では絶大な人気を誇り、若い男女のすれ違いを描いた切ない歌詞に注目の楽曲です。また「ハロウィンのカボチャが割れた」は、2018年ハロウィン間近に開催されたきゃりーぱみゅぱみゅさんとのツーマンライブ時にも披露され、季節ともマッチし、ファンを盛り上げていました。”りまちゃんちっく”の語源さて、”りまちゃんちっく”とは、どういう意味なのでしょうか。インドネシア語で「りま」は”5人”、「ちゃんちっく」は”かわいい”という意味があり、それらを組み合わせて、「りまちゃんちっく」というユニット名になったようです。可愛い5人の女の子にいつかなりたいという彼女たちの目標が込められています。潮紗理菜さんが幼少期をインドネシアで過ごしていたことから、このようなユニット名につながったようです。「ママのドレス」ではMVも「ママのドレス」では、”りまちゃんちっく”として初めてのMVが公開されています。メンバーの”かわいい”が溢れ、笑顔が弾けるMVは魅力たっぷり。日向坂46に改名して以降、初の”りまちゃんちっく”楽曲です。ぜひご覧になってみてください。以上、人気ユニット”りまちゃんちっく”の魅力を解説してきました。彼女たちの魅力が伝わっていれば幸いです。※個人の見解を含みます。

新着