REPORT / AUGER® MUSIC SESSION VO
L.1 Chilli Beans.、sankara、TENDR
E、Nulbarichが一堂に会した完全招待
制イベントをレポート

Text by Ai Kumagai
Photo by Takeshi Yao

貝印株式会社による新ブランド〈AUGER®〉立ち上げを記念し、完全招待制のイベント『AUGER® MUSIC SESSION VOL.1』が5月17日(火)に東京・代官山UNITにて開催された。
DJブース横には“AUGER”、バー・カウンターにはブランド・コンセプトでもある“Kiss our humanity”をあしらったネオン管がそれぞれ設置。清潔感溢れる白い光は見慣れたライブハウスに非日常的な華やかさを添えてくれる。
開場と転換中のDJを務めたのはライフスタイル・レーベル〈Chilly Source〉のDJ KRO。先日、代官山からほど近い恵比寿に“シティ・ボーイにしっくりくる”メンズ脱毛サロン 「ATRIUM HOMME」(https://www.atriumhomme.com/) を開業させたDJ KRO。身だしなみを整える時間を豊かで心地よい時間へと導くというブランド・コンセプトを、音楽と共に体験してもらうという本イベントの趣旨に最適な演者だ。真夜中の東京を思わせる彼のDJプレイは、心地のいいディスコやハウス、ヒップホップにネオ・シティポップ、J-POPまでを横断。スムースなDJプレイで会場は次第に熱を帯びていく。
トップバッターとしてステージに表れたのは新進気鋭の3ピース・バンド、Chilli Beans.。1st EP『dancing alone』にも収録されているイントロのスラップベースが印象的な「See C Love」から華々しくスタート。ボーカルのMotoがタンバリンを持ち披露した「アンドロン」やディスコ調の「Tremolo」で会場のボルテージをみるみる上げていき、観客を踊らせる。

太陽のように明るいポップな曲調と、センチメンタルな歌詞が織りなす世界観。その絶妙なバランス感覚は、まるで1人の人間のリアルな生き様を見ているかのよう。最後は「シェキララ」で一段とヒートアップさせ、印象を深く刻み込んだ。

Chilli Beans. Setlist
1. See C Love
2. lemonade
3. neck
4. アンドロン
5. Vacance
6. Tremolo
7. マイ・ボーイ
8. シェキララ
続いて登場したのはラッパーのTossとボーカルのRyoから成るユニット、sankara。同じく出演していたNulbarich・JQがプロデュースを手がけた「Lullaby」からライブはスタート。

MCでは予てより親交の深いJQとの思い出話にも花を咲かせ、「自分たちが音楽を始めた頃に感じていた初期衝動を思い出しながらライブをしています」と1st EP『BUD』収録曲「state of mind」を披露。Ryoの伸びやかな歌声とTossのスキルフルなラップで会場はまるで日曜の昼下がりのようなチルな雰囲気に。ラストはダンサブルなビートと前向きな歌詞が胸を打つ「Elevator」で締めくくった

sankara Setlist
1. Lullaby
2. lemon man
3. KATASUMI
4. Butterfly
5. stupid man
6. state of mind
7. Elevetor
この日のTENDREは松浦大樹(She Her Her Hers)との弾き語り + ドラム・セットという編成で登場。「チークタイム担当のTENDREです」と挨拶すると観客から拍手が巻き起こる。「DOCUMENT」「Night & Day」「HOPE」と人気曲をスペシャル・アレンジを加えながら立て続けに披露。メロウでグルーヴィーなサウンドと夕陽のように柔らかで優しいTENDREの歌声に自然と観客の体も揺れる。

hanashi」の曲中では松浦大樹のソロ・プロジェクト、saccharinの楽曲である「MK」へとシームレスに繋げ、普段からお互いのプロジェクトを支え合う2人の絆が感じられた。最後は「TENDREとして歌える人生歌」とも語る代表曲「LIFE」でバトンを次へと繋いだ。

TENDRE Setlist
1. DOCUMENT
2. Night & Day
3. HOPE
4. hanashi
5. LIFE
ラストを飾るのはNulbarich。「煽ったりしないので自分たちのペースで楽しんでいってください」とJQが観客に挨拶をすると、ジャム・セッションからスタート。キーボードとドラム、そしてベース、ギターが次々と参加し音を重ねていく。ときにジャジーに、またあるときはダンサブルに。多彩な音色で夜もすがら踊っていたくなるようなNulbarichワールドにオーディエンスは釘付けだ。

MCでは「このイベントに当選した人、すごいレア。多分3億円の宝くじくらいの倍率。……ウッソ〜!」と冗談を飛ばしつつ声の出せない観客たちとも目を合わせながら密にコミュニケーションを交わすJQ。「スカして弾こうと思ってたけどやっぱり煽り散らかします!」と高らかに宣言すると、最後は〈AUGER®〉のブランド・ショート・ムービーに提供した「STEP IT」を投下。会場からは割れんばかりの拍手が起こり大団円のフィナーレを迎えた。

Nulbarich Setlist
1. Lipstick
2. Super Sonic
3. TOKYO
4. Break Free
5. NEW ERA
6. STEP IT
お互いがスペースを保てるよう配慮しながらも、それぞれが自由に踊るオーディエンスと、心の琴線に触れ、寄り添ってくれる音楽。このような“心地よく豊かな時間”に身を置くことも、身だしなみを整えるのと同じくセルフ・ケアの一環とも言えるのではないだろうか。健やかな精神はきっと自身の外見にも影響するはずだ。“Kiss our humanity”を掲げる〈AUGER®〉の今後の展開にも期待したい。
【イベント情報】

『AUGER®︎ MUSIC SESSION VOL.1』

日時:2022年5月17日(火) OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京・代官山UNIT
出演:
[LIVE]
Nulbarich
TENDRE
Chilli Beans.
sankara

[DJ]
DJ KRO (Chilly Source)

主催:貝印株式会社

■ AUGER オフィシャル・サイト(https://www.kai-group.com/products/kamisori/product/auger/index.html)
Text by Ai Kumagai
Photo by Takeshi Yao

貝印株式会社による新ブランド〈AUGER®〉立ち上げを記念し、完全招待制のイベント『AUGER® MUSIC SESSION VOL.1』が5月17日(火)に東京・代官山UNITにて開催された。
DJブース横には“AUGER”、バー・カウンターにはブランド・コンセプトでもある“Kiss our humanity”をあしらったネオン管がそれぞれ設置。清潔感溢れる白い光は見慣れたライブハウスに非日常的な華やかさを添えてくれる。
開場と転換中のDJを務めたのはライフスタイル・レーベル〈Chilly Source〉のDJ KRO。先日、代官山からほど近い恵比寿に“シティ・ボーイにしっくりくる”メンズ脱毛サロン 「ATRIUM HOMME」(https://www.atriumhomme.com/) を開業させたDJ KRO。身だしなみを整える時間を豊かで心地よい時間へと導くというブランド・コンセプトを、音楽と共に体験してもらうという本イベントの趣旨に最適な演者だ。真夜中の東京を思わせる彼のDJプレイは、心地のいいディスコやハウス、ヒップホップにネオ・シティポップ、J-POPまでを横断。スムースなDJプレイで会場は次第に熱を帯びていく。
トップバッターとしてステージに表れたのは新進気鋭の3ピース・バンド、Chilli Beans.。1st EP『dancing alone』にも収録されているイントロのスラップベースが印象的な「See C Love」から華々しくスタート。ボーカルのMotoがタンバリンを持ち披露した「アンドロン」やディスコ調の「Tremolo」で会場のボルテージをみるみる上げていき、観客を踊らせる。

太陽のように明るいポップな曲調と、センチメンタルな歌詞が織りなす世界観。その絶妙なバランス感覚は、まるで1人の人間のリアルな生き様を見ているかのよう。最後は「シェキララ」で一段とヒートアップさせ、印象を深く刻み込んだ。

Chilli Beans. Setlist
1. See C Love
2. lemonade
3. neck
4. アンドロン
5. Vacance
6. Tremolo
7. マイ・ボーイ
8. シェキララ
続いて登場したのはラッパーのTossとボーカルのRyoから成るユニット、sankara。同じく出演していたNulbarich・JQがプロデュースを手がけた「Lullaby」からライブはスタート。

MCでは予てより親交の深いJQとの思い出話にも花を咲かせ、「自分たちが音楽を始めた頃に感じていた初期衝動を思い出しながらライブをしています」と1st EP『BUD』収録曲「state of mind」を披露。Ryoの伸びやかな歌声とTossのスキルフルなラップで会場はまるで日曜の昼下がりのようなチルな雰囲気に。ラストはダンサブルなビートと前向きな歌詞が胸を打つ「Elevator」で締めくくった

sankara Setlist
1. Lullaby
2. lemon man
3. KATASUMI
4. Butterfly
5. stupid man
6. state of mind
7. Elevetor
この日のTENDREは松浦大樹(She Her Her Hers)との弾き語り + ドラム・セットという編成で登場。「チークタイム担当のTENDREです」と挨拶すると観客から拍手が巻き起こる。「DOCUMENT」「Night & Day」「HOPE」と人気曲をスペシャル・アレンジを加えながら立て続けに披露。メロウでグルーヴィーなサウンドと夕陽のように柔らかで優しいTENDREの歌声に自然と観客の体も揺れる。

「hanashi」の曲中では松浦大樹のソロ・プロジェクト、saccharinの楽曲である「MK」へとシームレスに繋げ、普段からお互いのプロジェクトを支え合う2人の絆が感じられた。最後は「TENDREとして歌える人生歌」とも語る代表曲「LIFE」でバトンを次へと繋いだ。

TENDRE Setlist
1. DOCUMENT
2. Night & Day
3. HOPE
4. hanashi
5. LIFE
ラストを飾るのはNulbarich。「煽ったりしないので自分たちのペースで楽しんでいってください」とJQが観客に挨拶をすると、ジャム・セッションからスタート。キーボードとドラム、そしてベース、ギターが次々と参加し音を重ねていく。ときにジャジーに、またあるときはダンサブルに。多彩な音色で夜もすがら踊っていたくなるようなNulbarichワールドにオーディエンスは釘付けだ。

MCでは「このイベントに当選した人、すごいレア。多分3億円の宝くじくらいの倍率。……ウッソ〜!」と冗談を飛ばしつつ声の出せない観客たちとも目を合わせながら密にコミュニケーションを交わすJQ。「スカして弾こうと思ってたけどやっぱり煽り散らかします!」と高らかに宣言すると、最後は〈AUGER®〉のブランド・ショート・ムービーに提供した「STEP IT」を投下。会場からは割れんばかりの拍手が起こり大団円のフィナーレを迎えた。

Nulbarich Setlist
1. Lipstick
2. Super Sonic
3. TOKYO
4. Break Free
5. NEW ERA
6. STEP IT
お互いがスペースを保てるよう配慮しながらも、それぞれが自由に踊るオーディエンスと、心の琴線に触れ、寄り添ってくれる音楽。このような“心地よく豊かな時間”に身を置くことも、身だしなみを整えるのと同じくセルフ・ケアの一環とも言えるのではないだろうか。健やかな精神はきっと自身の外見にも影響するはずだ。“Kiss our humanity”を掲げる〈AUGER®〉の今後の展開にも期待したい。
【イベント情報】

『AUGER®︎ MUSIC SESSION VOL.1』

日時:2022年5月17日(火) OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京・代官山UNIT
出演:
[LIVE]
Nulbarich
TENDRE
Chilli Beans.
sankara

[DJ]
DJ KRO (Chilly Source)

主催:貝印株式会社

■ AUGER オフィシャル・サイト(https://www.kai-group.com/products/kamisori/product/auger/index.html)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着