6月11日から数量限定配布

6月11日から数量限定配布

【本日から配布開始】「犬王」第2弾
入場特典は限定冊子「幕間『犬王と友
一』」 野木亜紀子が書き下ろした“
幕間の物語”収録

6月11日から数量限定配布(c)2021“INU-OH”FilmPartners 湯浅政明監督の劇場アニメ「犬王」(公開中)の第2弾入場者プレゼントが、限定冊子「幕間『犬王と友一』」に決定した。
 同冊子は、脚本の野木亜紀子が書き下ろした“幕間の物語”を収録。映画本編で描かれていない、犬王と友一(友魚)が出会い、熱狂のステージが始まるまでの“幕間”の出来事を読むことができる。6月11日から上映劇場で数量限定配布される。
 さらに、本作のオーディオコメンタリー付き副音声上映も決定した。オーディオコメンタリーでは、犬王役のアヴちゃん(女王蜂)、友魚役の森山未來、湯浅監督が制作の裏話、お気に入りのシーンなどを紹介。映画の字幕・音声ガイドのアプリ「HELLO! MOVIE」をインストールしたスマートフォンなどの携帯端末があれば、全ての上映劇場で副音声を楽しむことができる。6月11日から同アプリで提供開始となる。
 また公開後イベントとして、応援上映にトークイベントをプラスした「無発声“狂騒”上映」が6月13日に新宿バルト9で行われる。音楽担当の大友良英、琵琶監修の後藤幸浩が登壇する。
 本作は、古川日出男氏の小説「平家物語 犬王の巻」(河出文庫刊)を原作に、室町時代の京で世阿弥と人気を二分した能楽師・犬王と、琵琶法師・友魚の友情を描いたミュージカル・アニメーション。キャラクター原案を、湯浅監督がアニメ化した漫画「ピンポン」の松本大洋氏が務めている。

新着