“志村”高橋一生(左)と“猿渡”桐谷健太 (C)TBS

“志村”高橋一生(左)と“猿渡”桐谷健太 (C)TBS

「インビジブル」警察内部の凶悪犯“
リーパー”の正体が判明 「相当ゆが
んだやつ」「安野刑事も犬飼課長も殺
したなんてショック」

 高橋一生が主演するドラマ「インビジブル」(TBS系)の第9話が、10日に放送された。
 本作は、事件解決のためなら、どんな手でも使う刑事・志村貴文(高橋)と、「インビジブル」と呼ばれる犯罪コーディネーターとして悪を熟知するキリコ(柴咲コウ)が異色のバディを組む物語。(※以下、ネタバレあり)
 キリコの弟のキリヒト(永山絢斗)から捜査一課に、「2日後にブラックフライデーを行う」という連絡が入る。
 ブラックフライデーは、海外のクリミナルズ(凶悪犯)たちが次々に犯罪を巻き起こすというもので、キリヒトは、中止にしてほしければ、現在収監中のクリミナルズ全員を免責し、釈放するように要求する。
 志村は、この計画を阻止するために、監察官の猿渡(桐谷健太)と共にキリヒトの行方を追う。
 そんな中、キリヒトとキリコは2人が昔暮らしていた家に向かっていた。そこでキリコは、初代インビジブルの父親が残した資料から、捜査一課長・犬飼(原田泰造)の命を奪った警察内部のクリミナルズ「リーパー」の正体に気付き、志村に注意を促す。
 終盤では、リーパーの正体が猿渡であることが判明した。
 これについて、SNS上には「猿渡さん、めちゃめちゃ悪いな。相当ゆがんだやつ」「猿渡監察官が安野刑事(平埜生成)も、犬飼課長も殺したなんて…。ショック過ぎて人間不信になる」「ちょっとでも警部補の磯ヶ谷くん(有岡大貴)を疑ってしまってごめんなさい」などの反響が寄せられた。
 また、次週最終回を伝える予告が放送されると、「来週で終わりなんてつら過ぎる」「次週はリーパーのほかに真の黒幕が出てくるのか?」「志村とキリコが、最後にどう決着を付けるのかが楽しみ」といった声も投稿された。
[gallery ids="1334579,1334580,1334581"]

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着