ウルトラマンの声は高橋一生!

ウルトラマンの声は高橋一生!

「シン・ウルトラマン」ウルトラマン
の声は高橋一生「夢のようでした」

ウルトラマンの声は高橋一生!(c)2022「シン・ウルトラマン」製作委員会 (c)円谷プロ 俳優の高橋一生が「シン・ウルトラマン」(公開中)でウルトラマンの声を演じていることが発表された。本編のエンドロールに高橋の名前はあったが、役どころが公式に明かされたのは初めて。「参加させていただけることが夢のようでした」と語っている。
 本作の企画・脚本は自身もウルトラマンシリーズのファンであることを公言する庵野秀明が担当。監督は、数々の傑作を庵野と共に世に送り出してきた樋口真嗣が務め、国民的特撮ヒーローの新たな誕生と戦いを描く。5月13日に全国401館(IMAX39館含む)で封切られ、初日から6月11日までの30日間で観客動員233万人、興行収入34億円を突破した。
 ウルトラマンになる男・神永は斎藤工が演じており、長澤まさみ、有岡大貴、早見あかり、田中哲司、西島秀俊らが共演している。
樋口真嗣監督と一緒に(c)2022「シン・ウルトラマン」製作委員会 (c)円谷プロ 映画「シン・ゴジラ」に続いての出演となるオファーを受けた高橋は、樋口監督から「人間を超越した感じを出してほしい」と演出を受けたという。コメント全文は以下の通り。
■高橋一生
ウルトラマンの声をまさか自分がやらせてもらえると思っていなかったので、参加させていただけることが夢のようでした。最初に樋口監督から「人間を超越した感じを出してほしい」と演出を受け、自分の中でそれがどれだけできているか分かりませんが、そのことを意識しながら演じました。ウルトラマンは誰もが一度は憧れるヒーロー、アフレコ中は感動がこみ上げてきました。
樋口さんと庵野さんという2人が、新たに再構築したウルトラマンの世界、みなさんが期待されていたものなんじゃないかと思います。是非ご覧になってみてください。

新着