【週末アニメ映画ランキング】「ドラ
ゴンボール超」が首位獲得、「からか
い上手の高木さん」は6位発進

(c) バード・スタジオ/集英社 (c) 「2022 ドラゴンボール超」製作委員会 6月11日~12日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。11日より全国407スクリーン(内IMAX版38スクリーン)で公開された新作「ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー」が、「トップガン マーヴェリック」をおさえて首位スタートを切った。本作は、鳥山明による大ヒット漫画「ドラゴンボール」を原作とする劇場版アニメで、2015~18年に放送されたテレビシリーズ「ドラゴンボール超(スーパー)」の映画化第2弾となる。土日2日間で動員49万8000人、興収6億7000万円をあげ、動員と興収で首位を獲得。これは2018年12月に公開され、興収40億円を記録した第1弾「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」の興収比82.4%の出足。11日には初日舞台挨拶が都内劇場で行われ、声優の野沢雅子、古川登志夫、入野自由神谷浩史宮野真守、児玉徹郎監督が登壇。第1弾入場者プレゼントとして、「スーパードラゴンボールヒーローズカード」が全国100万枚限定で配布されている。また、鳥山明本人から「ひとことで言って、スゴいアニメ映画です!」「ドラゴンボールかぁ……などと迷っている皆さんがいたら、ダマされたと思ってご覧になってください。きっと映画館を出るとき、テンションが上がっていますよ~!」など作品をPRするコメントが寄せられた。
 「トップガン マーヴェリック」は2位、「シン・ウルトラマン」が3位とそれぞれワンランクダウンしたが、「映画 五等分の花嫁」は4位、「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」が5位をそれぞれキープ。「名探偵コナン」は累計動員が630万人、興収が87億円を突破した。
 新作では他に、「劇場版 からかい上手の高木さん」が6位に初登場。同作は、2021年に第66回小学館漫画賞(少年向け部門)を受賞し、シリーズ累計発行部数1100万部を突破する小学館「ゲッサン」連載の人気コミック「からかい上手の高木さん」を原作とした同名テレビアニメの劇場版だ。原作者・山本崇一朗監修の下、赤城博昭監督をはじめテレビシリーズと同じスタッフ陣が集結し、高橋李依、梶裕貴、小原好美らが出演している。
 前週3位スタートを切った「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」は7位。「映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」は前週7位から9位に後退したが、累計動員は161万人、興収は19億円を突破している。トップ10内にアニメ作品が6本ランクインした。
 なお、16日から4日間限定で「僕のヒーローアカデミア『HLB』」と「僕のヒーローアカデミア『笑え!地獄のように』」が全国10劇場で特別先行上映。17日からは「怪盗クイーンはサーカスがお好き」が公開される。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着