Marty Holoubekのリーダー・アルバム
『Trio III』本日リリース 石橋英子
、山本達久が参加

ベーシスト・Marty Holoubekが 石橋英子(https://eikoishibashi.net/) 、 山本達久(https://www.tatsuhisayamamoto.com/) と共に作り上げたアルバム『Trio III』が本日6月15日(水)にリリースされた。
オーストラリア出身、現在は東京を拠点にSMTKやHishakaku Quartetの共同リーダーなどを務めるMarty Holoubek。自身3作目のリーダー・アルバムとなる今作には、日本を代表するインプロヴァイザーである石橋英子、山本達久が参加。Marty Holoubek自身による編集作業と、Joe Taliaによるミックス、マスタリングを経て独創性の高い世界観を提示する作品となった。

デジタルとアナログでのリリースとなり、デジタルでは楽曲を1トラックにまとめた『TrioIII (feat. Eiko Ishibashi & Tatsuhisa Yamamoto)』と、7トラックに分けた『Trio III Radio Edits』の2形態での配信となる。

【山本達久 コメント】

一般的な話にはなりますが、、、気の利くムードメイカー、若しくは典型的な長男タイプの性格の人だと、表面的にはその人の素直な感情というものが見えにくいということがありますが、この作品はそんなマーティの一般的なイメージではない側面が見事に表層化されていると感じます。
この作品を録音するにあたり、実はこの何倍もtakeも曲数も録音しましたが、マーティによる大胆な編集とジョーのmixも経て最終的にこの形になったことによって、演奏した自分も想像出来ていなかった作品になったと同時に、マーティの更に新たな側面を知ることができ、他人事のようにこの作品を聴けています。
というわけで何も考えずに40分、出来る限り大きい音で聴いてみて下さい。
山本達久

【石橋英子 コメント】

明るくて朗らかで演奏も上手で料理も上手、しかも極め付けは素敵な奥様もいる。部屋はいつも綺麗。日本に引越してまだ三年くらいですか?仕事も順調。みんなの人気者。非の打ちどころのないマーティ。
思春期の時に出会っちゃってたら、絶対仲良くしてもらえないと勝手に決め込んでしまうタイプの人間だったと思います。
しかし私もいい歳になったのでそんなマーティにも毒や悪魔が潜んでいる事をわざわざ見つけそれを喜び、そしてその部分を愛してさえもいます。
マーティの繊細さや気品と共に終わりなく連なる毒気と影。
その一環の流れのようなものが終わらないよう祈り続ける、そんな作品だと思います。
石橋英子

【リリース情報】

Marty Holoubek 『Trio III』

Release Date:2022.06.15 (Wed.)
Label:APOLLO SOUNDS

■ LPリリース詳細(https://www.jetsetrecords.net/i/814006018819/)

■ 配信リンク(https://ultravybe.lnk.to/trioiii)

==

Marty Holoubek 『TrioIII Radio Edits』

Release Date:2022.06.15 (Wed.)
Label:APOLLO SOUNDS

■ 配信リンク(https://ultravybe.lnk.to/trioiii-radio-edits)

■ Marty Holoubek オフィシャル・サイト(https://www.martinholoubek.com/)
ベーシスト・Marty Holoubekが 石橋英子(https://eikoishibashi.net/) 、 山本達久(https://www.tatsuhisayamamoto.com/) と共に作り上げたアルバム『Trio III』が本日6月15日(水)にリリースされた。
オーストラリア出身、現在は東京を拠点にSMTKやHishakaku Quartetの共同リーダーなどを務めるMarty Holoubek。自身3作目のリーダー・アルバムとなる今作には、日本を代表するインプロヴァイザーである石橋英子、山本達久が参加。Marty Holoubek自身による編集作業と、Joe Taliaによるミックス、マスタリングを経て独創性の高い世界観を提示する作品となった。

デジタルとアナログでのリリースとなり、デジタルでは楽曲を1トラックにまとめた『TrioIII (feat. Eiko Ishibashi & Tatsuhisa Yamamoto)』と、7トラックに分けた『Trio III Radio Edits』の2形態での配信となる。

【山本達久 コメント】

一般的な話にはなりますが、、、気の利くムードメイカー、若しくは典型的な長男タイプの性格の人だと、表面的にはその人の素直な感情というものが見えにくいということがありますが、この作品はそんなマーティの一般的なイメージではない側面が見事に表層化されていると感じます。
この作品を録音するにあたり、実はこの何倍もtakeも曲数も録音しましたが、マーティによる大胆な編集とジョーのmixも経て最終的にこの形になったことによって、演奏した自分も想像出来ていなかった作品になったと同時に、マーティの更に新たな側面を知ることができ、他人事のようにこの作品を聴けています。
というわけで何も考えずに40分、出来る限り大きい音で聴いてみて下さい。
山本達久

【石橋英子 コメント】

明るくて朗らかで演奏も上手で料理も上手、しかも極め付けは素敵な奥様もいる。部屋はいつも綺麗。日本に引越してまだ三年くらいですか?仕事も順調。みんなの人気者。非の打ちどころのないマーティ。
思春期の時に出会っちゃってたら、絶対仲良くしてもらえないと勝手に決め込んでしまうタイプの人間だったと思います。
しかし私もいい歳になったのでそんなマーティにも毒や悪魔が潜んでいる事をわざわざ見つけそれを喜び、そしてその部分を愛してさえもいます。
マーティの繊細さや気品と共に終わりなく連なる毒気と影。
その一環の流れのようなものが終わらないよう祈り続ける、そんな作品だと思います。
石橋英子

【リリース情報】

Marty Holoubek 『Trio III』

Release Date:2022.06.15 (Wed.)
Label:APOLLO SOUNDS

■ LPリリース詳細(https://www.jetsetrecords.net/i/814006018819/)

■ 配信リンク(https://ultravybe.lnk.to/trioiii)

==

Marty Holoubek 『TrioIII Radio Edits』

Release Date:2022.06.15 (Wed.)
Label:APOLLO SOUNDS

■ 配信リンク(https://ultravybe.lnk.to/trioiii-radio-edits)

■ Marty Holoubek オフィシャル・サイト(https://www.martinholoubek.com/)

アーティスト

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

新着