永井裕子、3年振り「夢道」リサイタ
ル開催「心に永井裕子がいさせてもら
えたら嬉しいな」

永井裕子が6月15日(水)東京・渋谷区文化総合センター大和田・さくらホールにて<永井裕子22周年記念リサイタル2022 夢道 Road to 2030>を開催した。

2016年から「夢道」というタイトルを掲げライフワークとして開催してきたリサイタルだが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、2019年を最後に度重なる延期に見舞われた。そしてついに3年振りに待望の「夢道」が開催されることになった。
今年2月に発売した最新曲「櫻紅」からリサイタルはスタート。22周年を経て、大人の雰囲気を存分に発揮した艶やかな楽曲だ。冒頭から感極まった様子で涙を浮かべた永井は「毎年恒例のリサイタルも2020年、2021年と延期になってしまい、こうしてさくらホールに帰ってくることが出来てとてもとても幸せです。皆様の2022年の思い出の1ページになるように精一杯歌わせていただきます」と語ると、続いては「松江恋しぐれ」「郡上八幡おんな町」とご当地とのご縁を繋いだヒット曲を立て続けに披露し会場を沸かせる。
第1部後半では白いドレスに着替えてカバー曲コーナーも。「酒場にて(江利チエミ)」「時の過ぎゆくままに(沢田研二)」「秋桜(山口百恵)」「時代(中島みゆき)」の4曲を永井流のアレンジで歌唱し、新たな魅力にファンは酔いしれた。ラストはデビュー曲である「愛のさくら記念日」を笑顔で歌唱し第1部を終えた。
第2部は、2021年に発売しオリコン週間シングル演歌・歌謡ランキングにて初登場1位を記録したシングル「華と咲け」で登場。人生の応援歌でもあるこの曲はコロナ禍において多くのファンの心を励まし、そして永井自身を鼓舞した楽曲だ。「後半のステージも飛ばしてまいります。ぜひみなさんもついてきてください!」と煽り、リサイタルでは定番となった「漁歌(北島三郎)」を熱唱。その後も「海猫挽歌」「北の旅路」「ねんごろ酒」と、永井の持ち味である力強さと繊細さを盛り込んだ、近年の新しい代表曲とも言える楽曲が並ぶ。

「今日は体の芯からとっても楽しくて、皆様に会えて、そして歌を歌えたことがとても幸せで感謝の気持ちでいっぱいです。」と何度も感謝の想いを語り、本編ラストはアップテンポな「五右衛門の恋」で会場を盛り上げた。
アンコールの盛大な拍手で迎えられ最新曲「櫻紅」で登場。そしてラストの曲は「(コロナ禍で延期になり)なかなか会えなかった皆様に、今本当に伝えたい思い。離れていても皆様の心に永井裕子がいさせてもらえたら嬉しいな。そういう思いを込めてこの歌を選びました。」と語り「好きになった人(都はるみ)」を感謝の思いを込めて熱唱。3年振りのリサイタルは大盛況で幕を閉じた。
このリサイタルが始まった2016年当初、“2020年に迎えるデビュー20周年に向かって日々成長していきたい”という想いで掲げた「夢道 Road to 2020」は、空白の3年間を経て「Road to 2030」になった。大きな節目となる20周年のステージに立つことができなかった悔しさや悲しさは計り知れないものだっただろう。しかし、この3年間があったからこそ、今回の2022年のステージがファンにとっても永井裕子にとっても一生忘れられないリサイタルになったのではないか。また来年も「夢道」の開催が予定されており「このリサイタルは2030年まで続きます。皆様2030年まで元気でいてください!」とファンとの再会を約束した。来たる2030年の30周年に向けて、永井裕子の新たな「夢道」は始まったばかり。
撮影:ヒダキトモコ

<永井裕子22周年記念リサイタル2022
夢道 Road to 2030>

2022年6月15日(水)渋谷区文化総合センター大和田・さくらホール
[ セットリスト ]
第1部
M1. 櫻紅
M2. 松江恋しぐれ
M3. 郡上八幡おんな町
M4. 菜の花情歌
M5. そして…女
M6. 望郷岬
M7. 酒場にて(オリジナル:江利チエミ)
M8. 時の過ぎゆくままに(オリジナル:沢田研二)
M9. 秋桜(オリジナル:山口百恵)
M10. 時代(オリジナル:中島みゆき)
M11. 愛のさくら記念日
第2部
M12. 華と咲け
M13. 漁歌(オリジナル:北島三郎)
M14. 海猫挽歌
M15. 北の旅路
M16. ねんごろ酒
M17. 勝負坂
M18. 男の道しるべ
M19. 五右衛門の恋
アンコール
EN1. 櫻紅
EN2. 好きになった人(オリジナル:都はるみ)

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着