圭、スリーピース編成スタイルでソロ
初のツアー開幕

圭が6月6日に代官山SPCE ODDで開催したワンマンツアー『SENSE OF WONDER』初日公演のオフィシャルレポートが到着した。

圭のワンマンツアー『SENSE OF WONDER』が6月6日、東京・代官山SPCE ODDで初日を迎えた。同公演のレポートをお届けする。
今回の圭のワンマン『SENSE OF WONDER』の見所は、なんといっても関東近郊でマンスリーライブを継続して行なっていくソロ初のツアー形態で開催することだろう。それを、スタンディングのライブハウスという環境で行なうところも新しい。そうして、もっとも注目したいのは、これまではサポートメンバーを含めて5人編成で行ってきたライブを、このツアーから圭(Gt&Vo)、BAROQUE時代から気心知れた高松浩史(Ba/THE NOVEMBERS)とKENZO(Dr/彩冷える)を招いて、最小限のメンバーで自身初のスリーピース編成でライブに挑むというところだ。
スタンディングのライブハウス、スリーピース編成初お披露目日となったツアー初日。オーディエンスにとっても、圭のステージをこんなに間近で見るのは初めてのこと。いったいどんなライブをするのだろうか。
結論からいうと、これが予想を遥かに上回る衝撃だった。ツアーは今後も続いていくので、詳しいセットリストは書けないのだが、この日はオープニングのステージアクトから驚かされた。最新のインストアルバム『utopia.』のある曲に大胆なアレンジを施した同期音源にトキめいていると、3人が次々とオンステージ。映像をバックに、同期音をKENZOの生ドラムが引き継ぎ、バンドサウンドへと切り替わっていったときのスリルは迫力満点。そこからアッパーな歌ものへと展開していったときの歌、ギターフレーズ、スピーディーに畳み掛けるビートが一体となったときの破壊力は、小さなライブハウス、編成もシンプルだからこその温度感でフロアを煽っていく。
「スタンディングのライブハウスで僕のライブをやるのは初めて。好きなように身体動かして、やりましょう」と圭がオーディエンスにレクチャーしたあとに披露した「青空に吹かす夜、晴れ渡る日」(大桃子サンライズfromバンドじゃないもん提供曲)。個人的には、この曲があったからこそこの編成、スタンディングのライブに踏み切れたのではと思うほど抜群にこれがハマっていて、新たなライブアンセム誕生という手応えさえ感じた。インスト曲に歌もののソロ曲、BAROQUEナンバーに提供曲など圭の全キャリアの楽曲が混在する今回のセットリスト。例えば、ゆったりとしたテンポで会場を独自の世界観に引きずり込んでいった「MEMENTO」は、BAROQUE時代、鍛練してきたこの3人ならでは鬼気迫るグルーヴがライブハウスに充満。その熱量に圧倒された場内からは、自然と大きな拍手がわきあがった。
ソロになって以降、圭はこれまで歌もののライブとインスト曲のライブをきっちりと分けて公演を行なってきた。しかし、今回はそこも進化。「今日は『utopia.』の曲も多めなんです。歌ものの間にあんなインスト入れてくるかという感じだけど(笑)、いいですね」と本人が感想を述べると、オーディエンスが賛同を拍手で伝える場面もあった。例えば「monolith.」のように緻密に作り込まれた奥行きのある同期音源をまといながら、3人が絶妙な駆け引きで曲に没入していくインスト曲は、観客はものすごい集中力で音を浴びる感じなのだが。最小編成だからなのか、歌ものもインストものも、一貫してその根底に流れる圭ならではの音楽の美学が肌で感じられて、どんな作風の曲もスムーズに展開していったところはこのツアーの大きな収穫になりそうな気がした。
そうして、終盤には圭が「新鮮だね、(距離が)近くて。みんなが飛んでる姿が観たい」とリクエストして、クラップとジャンプでフロアに一体感を作り上げ、ライブハウスならではの盛り上がりで場内を熱狂させたり。さらに、毎回ライブのクロージングナンバーとして演奏してきた曲を演奏した場面では、観客が一斉にスマホのライトを点灯させて幻想的で美しい空間を作るなど、フロアからも新しいアクションが次々と誕生した今回のライブ。アンコールはなし。本編のみで勢いよく最後まで駆け抜け、フィニッシュを迎えるというスタイルも圭にとっては新しい挑戦で、それも観ていて気持ちよかった。
とにかく3人のバンドサウンドの地力、グルーヴ、緊迫感。それが、自然と浮き彫りになるスリーピースは想像以上にグルーヴィーで機能的で、5人編成とはまったく違った新鮮さを放っていた今回のステージ。KENZOが繰り出す手数の多いタフなビート、高松が時折滑り込ませるように鳴らすメロディックなベースライン。そして、ソロになって以降はインストもの以外はフロントマンとしてボーカリストであることに重きを置いてパフォーマンスしてきた圭が、今回は歌いながらも全編に渡ってリズム隊とからみながらギタープレイを繰り広げていくところは、とりわけ華やか。観ていてやっぱりしっくりくる。BAROQUE時代、ギタリストとしてステージに立っていた圭が、その延長線上でギター&ボーカルへと進化したステージング。それは、まさにこれだったのかもしれないと思わせてくれる新境地。
ソロ2年目。しなやかに進化していく圭は、ここからさらに研ぎ澄まされたステージングを追求してくはず。この後、同メンバーで開催する7月18日の神奈川・横浜Bronth.LIVE公演、その後に待つ8月12日の東京・渋谷PLEASURE PLEASURE公演まで、ツアーのなかで進化していく姿をぜひとも見届けて欲しい。
そして、そんな圭を特集した特別番組『MOOPHORIA-帰還の満月ー』が6月28日、24:00からMUSIC ON! TVにてオンエアされることが決定した。当日は、圭が4月17日、盟友・YUCHI(Ba/sukekiyo)をサポートメンバーに迎えて東京・渋谷ストリームホールで開催したソールドアウト公演の貴重なライブ映像と、この番組のために撮り下ろした圭のインタビューを合わせて独占放送。こちらもぜひ注目して欲しい。
取材・文=東條祥恵 撮影=加藤千絵(CAPS)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着