Haruy、HSUプロデュースの1st EP『M
AO』からリード曲「Lovely」MV公開 
ディレクターは山田健人

東京拠点のSSW、Haruyが6月8日(水)にリリースした1st EP『MAO』より、リード曲「Lovely」のMVが公開された。
EP『MAO』はSuchmosのHSUこと Hayata Kosugi(https://www.suchmos.com/) が全曲プロデュース & Haruyと共作した作品。参加ミュージシャンとして、澤近立景、澤村一平(SANABAGUN.)、Ayatake Ezaki(WONK)、TAIHEI(Suchmos/賽)が名を連ねている。

「Lovely」のMVはHaruyの浮遊感のある歌声とチルな曲調にシンクロするゆったりした映像作品に仕上がっている。ディレクションは、Hayata Kosugiの盟友でもある映像作家の山田健人が担当している。

なお、本MVはスペースシャワーTVのミドルローテーション「it!」に決定。6月23日(木)〜7月7日(木)の期間にわたってオンエアされる。
EP『MAO』はSuchmosのHSUこと Hayata Kosugi(https://www.suchmos.com/) が全曲プロデュース & Haruyと共作した作品。参加ミュージシャンとして、澤近立景、澤村一平(SANABAGUN.)、Ayatake Ezaki(WONK)、TAIHEI(Suchmos/賽)が名を連ねている。

「Lovely」のMVはHaruyの浮遊感のある歌声とチルな曲調にシンクロするゆったりした映像作品に仕上がっている。ディレクションは、Hayata Kosugiの盟友でもある映像作家の山田健人が担当している。

なお、本MVはスペースシャワーTVのミドルローテーション「it!」に決定。6月23日(木)〜7月7日(木)の期間にわたってオンエアされる。
Haruy (Photo by Kisshomaru Shimamura)
Hayata Kosugi(HSU form Suchmos)Photo by Ken Oshima

【山田健人 コメント】

Haruyの音楽がこうやって世の中に伝わっていくこと。きっと彼が一番嬉しいだろうなと思います。
照れながらも。
今の僕につながる全てのきっかけをくれた、僕にとって生涯唯一無二の兄であるハヤタ。彼にもらった血よりも濃い愛にこうやってありがとうを返していく道中で、彼が巡り合わせてくれた妹のような存在に関われて幸せを感じます。


【リリース情報】

Haruy,Hayata Kosugi 『MAO』

Release Date:2022.06.08 (Wed.)
Label:SPACE SHOWER MUSIC
Tracklist:
1. Snake
2. Swimmer
3. Lovely
4. Don’t catch the now
5. Ryan

Produced by Hayata Kosugi(HSU form Suchmos)

※形態:DIGITAL / CD

■Haruy: Twitter(https://twitter.com/__haruy__) / Instagram(https://www.instagram.com/__haruy__/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着