鈴木亮平(左)と今田美桜 (C) 2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved. (C) Disney

鈴木亮平(左)と今田美桜 (C) 2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved. (C) Disney

鈴木亮平「実は昨日も下見に来たんで
す」 今田美桜とTDLで『バズ・ライ
トイヤー』SPイベント

 ディズニー&ピクサー最新作『バズ・ライトイヤー』日本版声優スペシャルイベントが20日、千葉県浦安市の東京ディズニーランドで行われ、日本版声優を務めた鈴木亮平と今田美桜が登場した。
 本作は、映画『トイ・ストーリー』シリーズに登場する、スペースレンジャー、バズ・ライトイヤーの知られざるルーツを描く。
 アンディ少年のお気に入りの“おもちゃ”のバズは、実は、彼の人生を変えるほど夢中になった大好きな映画の主人公であり、本作はその“映画”の物語。
 バズの声を演じた鈴木は「ディズニーランドに来ると、まずこのエリアに来てスペース・マウンテンに乗るのがいつもの流れなので、この場所でイベントをできることがとても感動的です。実は昨日も下見に来たんです。そして、トイ・ストーリーホテルに泊まりました! 『俺おもちゃだったんだ』という気持ちになりました」と、笑顔でエピソードを披露した。
 バズの仲間・イジー役の今田も「福岡から上京してきたときは、まずディズニーランドに来ました。当時シンデレラ城の大きさに感動したのを覚えています」と目を輝かせた。
 日本語版声優に決まったときは「うれしいのと同時にプレッシャーもあった」という鈴木。収録の際は「人間のバズとして演じることを意識したのですが、所(ジョージ)さんの作り出した愛すべきバズのイメージを裏切らないように、かつ新しいバズを作り上げる思いで挑みました」と明かした。
 今田は「ドッキリなんじゃないかと思い、何度も確認しました。母もすごく喜んでいました!」とうれしそうに語った。
 イベント後、2人は同所の人気アトラクション「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」を体験することに。
 以前、低得点だったため、「ネットで攻略法を見てきた」いう鈴木は、終了後「満点でレベル7(アストロ・ヒーロー)を獲得しました!」と興奮気味に報告。初挑戦となった今田も「楽しかったです。私はレベル4でした」と声を弾ませた。
 映画は7月1日から公開。

アーティスト

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着