クリス・ヘムズワースが見事な開脚を
披露&日本のファンへメッセージも 
マーベル『ソー:ラブ&サンダー』新
予告編

7月8日(金)に日米同時公開される映画『ソー:ラブ&サンダー』から、新たな予告編が解禁された。
『ソー:ラブ&サンダー』は、『アベンジャーズ』などを中心としたマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品の最新作。『マイティ・ソー:バトルロイヤル』や『ジョジョ・ラビット』のタイカ・ワイティティ監督がメガホンをとっている。過去シリーズに引き続き、ソーを演じるのは、クリス・ヘムズワース。サノスによって人類の半分が消し去られた世界で失われた人々を取り戻すため、アイアンマンやキャプテン・アメリカと共に時空を超え、生死を巡る激闘を繰り広げた“雷神”ソー。彼は、サノスを倒した後、ニュー・アスガルドの王の座をヴァルキリーに譲り、宇宙の荒くれ者ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの仲間達と船に乗り込み地球を旅立った。『ソー:ラブ&サンダー』では、ソーが多くの大切な人を失い、いつしか戦いを恐れるようになっていた。やがて彼は我に立ち返り、ゼロから新たな道を歩むことを決めるが、自分探し中で全宇宙の神々滅亡を誓う“神殺し”のゴアが襲いかかる。絶体絶命のその時、ソー以上の力を持つ新たな“マイティ・ソー”に姿を変えた元恋人のジェーンが現れるのだった。
解禁された映像は、本作のメインキャラクターたちが登場する新たな予告編。本作では、全宇宙の神の抹殺を誓う“神殺し”のゴアに立ち向かうため、ソーの親友コーグや、マイティ・ソーことジェーン、新・アスガルドの国王・ヴァルキリー、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーのほか、2匹の巨大なヤギまで、個性的な面々が集結。ヤギがガーディアンズたちの船でひと暴れするシーンや、ソーが開脚で敵を止めるという“何か”にリスペクトをささげたと思しき場面など、ユーモアあふれる映像が満載だ。さらに、冒頭では、ソー役のクリス・ヘムズワースから、日本のファンへ向けた特別メッセージも公開されている。
『ソー:ラブ&サンダー』は7月8日(金)公開。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着