2022年3月25日 『Kei's room vol.8』 at Blues Alley Japan

2022年3月25日 『Kei's room vol.8』 at Blues Alley Japan
今年6月にデビュー5周年を迎えたシンガーソングライターの村上佳佑。アカペラグループ・A-Z(アズ)のメンバーとして、09年にフジテレビの『ハモネプリーグ』で番組史上最高となる99点で優勝し、各所から称賛を得て、その後シンガー、シンガーソングライターとして一歩ずつキャリアを重ねてきた。そんな彼がこの5年間でどのような想いを抱きながら活動をしてきたのか? これまでの想い、コロナ禍を経験した今、どのような心境の変化があったのか? そして、自身が描く未来についてうかがうべく、本人を直撃した。

<vol.1 過去>
ヴォーカリストとしての
自己を保ちつつ、
シンガーソングライターとして
個性を確立

2016年4月30日 クリス・ハート日本武道館LIVE オープニングアクト

2016年4月30日 クリス・ハート日本武道館LIVE オープニングアクト

 6月14日にデビュー5周年を迎えた村上佳佑。彼はこの5年間、葛藤の連続だったようだ。
「特にデビューしてすぐの頃は“普通の男の子がミュージシャンになっちゃった”って感覚が強かったんです。僕は子供の頃から歌うことが好きで、ただ歌を歌いたいだけ。それがデビューするとプロとして前に進まないといけない一方、自分は何がしたいのか考えないといけなくて。ずっと走りながら給水していくような難しさを感じていました」

 村上が脚光を浴びたのは大学時代に組んだアカペラグループ・A-Z。“アマチュアの最高峰”と称された当時の彼はまさしく歌の好きな青年で、歌うことに特化した存在だった。しかし、プロになったことで新たな壁が立ちはだかる。自分は何を歌えばいいのか? 自分はどんな表現者になりたいのか?
「僕は“自分の音楽”というものに目覚めた時期が遅いんです。曲を書き始めたのも大学生の頃だし。最初は“こんな歌が歌いたいな”って必要に迫られてスタートして、それが2019年以降、本格化していくんです」

 シンガーからシンガーソングライターへの移行。それがこの5年の村上の一番の変化だろう。歌を丁寧に歌うだけの存在から、自分が歌う楽曲は自分で作る全能型ミュージシャンに彼は舵を切った。それと同時にヴォーカリストとしての研鑽も引き続き行なっていく。
「この5年間で間違いなく歌い手として成長していると思います。デビュー時に比べて別物というくらい倍音も出ているし。クリス・ハートさん、平原綾香さん、佐藤竹善さん…たくさんの素晴らしい歌い手に出会って、少しずつ自分の声のポテンシャルを引き出せるようになったんです」
2017年7月16日 『Kei's LIVE 2017』 at 恵比寿The Garden Hall

2017年7月16日 『Kei's LIVE 2017』 at 恵比寿The Garden Hall

 一方で課題も見えてきた。
「これは僕の長所であり短所でもあるんですけど、どんな曲でもある程度歌いこなせちゃうんです。自分を殺してリクエストに寄せていける。でも、それはシンガーソングライターとして見た場合は問題で。“自分はこれしかできないから、こうなっている”っていうのがシンガーソングライターの理想なのに、僕はある程度のことはできちゃうから“結局、村上くんは何をしたいの?”って思われてしまうこともあるんですよね」

 ヴォーカリストとしての自己を保ちつつ、いかにシンガーソングライターとしての個性を確立させるか…長い模索期間を経て今、彼は音楽に関わるすべてが楽しいという境地に至ったという。
「今はライヴもレコーディングも全部楽しめるようなってきたんです。まさに今、クリス・ハートさんのツアーにコーラスとして参加しているけど、5年前にコーラスを担当した時は“ちゃんと役割を果たさないと!”という重圧でいっぱいだった。だけど、今は自分の中にそれを楽しめるキャパシティも実力もついてきて。自分のやりたい音楽に関しても、その輪郭がちょっとずつ見えてきた5年間だったと思うんです」
村上佳佑

村上佳佑

 では、村上が見つけたやりたい音楽とはどんなものか? その答えは5周年記念日の翌日にリリースされる配信シングル「なんのために」に表れている。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着