「成長し続けるスコーピウスを愛して
ほしい」 舞台『ハリー・ポッターと
呪いの子』スコーピウス・マルフォイ
役 門田宗大&斉藤莉生インタビュー

舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』日本初演のキャストオーディションを制し、スコーピウス・マルフォイ役を射止めた門田宗大と斉藤莉生。開幕も間近、各ポジションのプロフェッショナルが集結した現場でさらに熱く強くなっていく「舞台に立ちたい」という思いを胸に、本番へと突き進む“今”を語り合った。
──現在は本番へ向け作品の精度を上げている真っ最中。どんな心境で日々を過ごされていますか?
門田:思い返せばここまでいろいろあるんですけど……やっぱりキャストもスタッフもみなさんそれぞれの思いが本当にすごくて。作品を完成させるためには一個一個しっかり助け合わないとやっていけないし、本当に大変な状況の中でお互いすごく細かなところもアドバイスし合いながらサポートし合いながら進めています。活発にコミュニケーションをとりながら良い効率を探していく作業は楽しいです。本当に温かい人たちが集まっているのがありがたいですし、みんな仲良くて、とても素敵な現場だなと思います。
斉藤:(頷く)。特に僕はこれが初舞台。何もかもが初めての経験で、しかもそれがこんなに大きな作品で、テレビでしか拝見したことなかったような方々と稽古を一緒にやらせていただいているっていうのが……今はもうそれが当たり前の毎日になりつつあるんですけど、改めて客観視するとすごいことやってるなっていう感覚ですよね。その大人キャストの方たちにも「初舞台でこんないい役、なかなかないからな。お前はホントに恵まれてるんだぞ」って言われます。でもそれはすごく実感していますね。3月に大学を卒業してすぐ、4月からこの稽古に参加させていただいているので……多分、数ヶ月前の自分が今の自分を見たら「何してんのこの人! どこまで行ったのあなたは!?」みたいな(笑)。
門田:シンデレラストーリーなんです、彼は。
斉藤莉生
──お二人が初めて会ったのはオーディションの現場ですか?
斉藤:いや、オーディションでは会ってないんです。僕が宗ちゃんを知ったのは公式サイト(笑)。写真だけですけど「ああ、もう一人のスコーピウスはこういう人なんだ」って。最初に会ったのは衣装合わせの時だよね?
門田:うん、でもまだとりあえずお互いに挨拶くらいしかできなかったけど。
斉藤:初めてちゃんと話すようになったのは稽古場。改めて「これからよろしくお願いします」ってなって、その後宗ちゃんがすぐ僕に「僕らはタメ口でいこう」って嬉しいことを言ってくれて。
門田:僕から? 言ったっけ?
斉藤:言った(笑)。
門田:そっか、覚えてないや(笑)。衣装合わせは覚えてるんだけど。
斉藤:「タメ口でいこう」「わかった」からもう今の仲になるまでは、すぐでした。ずっと一緒に稽古してきて、本当にいい関係を築けていると思います。
門田:そうだね。でも僕は最初、莉生のそのシンデレラストーリー感がね、本当に羨ましかったし……憎たらしかった(笑)。
斉藤:ハハハッ(笑)。
門田:いや、仲良くなりたいなっていうのはもちろんあるんですけど、なんか……会うまではこっちも萎縮というか緊張というか、あのオーディションを踏まえると「こっちが食べられちゃうようなとんでもない才能を持った新人さんが来るのでは?」って、すごいビビってたんですよ(笑)。でも当たり前ですけど会って話したら本当にいい子で、今はお互いすごい仲良くやっているし、莉生だけじゃなくアルバスもスコーピウスもみんなとても大事な仲間になっています。
門田宗大
斉藤:僕、大学で4年間舞台を学んでたんですけど、卒業後はどうしようかと悩んでいた時期にたまたまこのオーディションの情報がTwitterで流れてきて、「ほお、一般の募集があるぞ」と。『ハリー・ポッター』はもともと小さい頃からずっと好きでしたし、スケジュールも卒業してから稽古入って本番やって……ああ、ちょうどいいなって、本当にお試しみたいな感じで申し込んだんです。だからこれが人生の初オーディション。あの時はまだこういう世界に足を踏み入れるかどうかも悩んでいて……だから審査期間はずっと緊張してました。もう、ガッチガチでしたね。
門田:僕は真逆。自分はこのオーディションを受ける直前に、俳優をやってきて初めて大きな挫折感のようなものを味わったというか……母親の前で、ちっちゃい頃ぶりに泣いてしまうくらいに自分がどうしたらいいかもう全くわからなくなってたんです。ちょうど新型コロナの自粛時期で舞台が軒並み中止になる中、一緒にやろうと頑張っていた舞台も立ち上げられなかったり、仲間の中には俳優を辞めてしまう人が何人も出てきたりと本当に大変な時期で。また、自身の仕事でも思うような結果が出せずにいた。自分も、そして同じような境遇の仲間たちもみんなどうやったらここから抜けられるんだろうと考えると辛いし、孤独感も募っていきました。そんな時に自分も大好きな『ハリー・ポッター』のオーディションのことを知って……ただ最初は乗り気じゃないというか、「どうせ受からないよ」と思ってました。それでもやっぱり実際に行って台本のセリフを読めるだけでも楽しそうだなと思って受けたんです。だからすごく不思議でしたね、決まった時は。
──諦めなくてよかった! まずはトライすることってやはり大切なアクションですよね。
門田:そうですね。本当にそうでしたね。
>(NEXT)互いに高め合う稽古場「芝居って生きてるんだな」
──そんな“真逆な”ふたりがこうして同じ役をやるのも、めぐり合わせの妙。スコーピウスはホグワーツでアルバスと出会い、お互いを支え合う親友となっていきます。演じる上でどんな少年をイメージしているのでしょう。
斉藤:一生懸命で頭が良い。最初に自分の中で思い描いたスコーピウスには結構自分と似ている部分もたくさんあるな、とも思っていました。でも最近は稽古をしていく中でそれもどんどん変わっていってる。最初のイメージから意図せずに自分に近づいていっている部分もあれば、自分自身が少しスコーピウスになっていってる部分もあるなっていうのをすごく感じます。台本を読んだ時の印象に演出が付くと本当に見えてくるものも全然違うので、やっぱりお芝居って生きてるんだなってあらためて思いますね。
斉藤莉生
門田:僕はスコーピウスって愛されキャラ的なところがあるなぁと思って、その中でもそれぞれの特徴としてはやっぱり莉生のほうがとても賢く……スコーピウスとしての賢さとスマートさがあって、二手、三手読めるようなスコーピウス。物語の中でもアルバスたちにとってのブレーンっていう感じなんですよね。僕の場合はどちらかと言うともっとストレートに愛されやすいみたいな、おばかなキャラ風のスコーピウスなところが宗大っぽいよねって言ってもらってますし、そういうそれぞれが持っている個性や特徴が役に反映されていると感じてるんですけど……なんかね、俺は最近の莉生を見てるとどんどん愛され具合が足されていっているのをすごく感じるんだよね。芝居の中で。
斉藤:え?
──キャラクターがより変化、成長している。
門田:そうです。だから莉生が芝居は生き物だって感じるって言ったけど、俺は特にそういう部分で莉生の変化を受け取ってますね。
斉藤:言われてみれば確かに。やっぱり最初は割とキッチリカッチリ、スコーピウスの頭の回転の速さを重視してたんですけど、演出のコナーさんのアドバイスを聞きながらどんどん捉え方が変わっていった結果、今は実際ちょっと丸くなった気がします。尖りすぎてない、というか。
門田:そう、そんなイメージ。
斉藤:話し方も少し力を抜いて、早口もやめて、もっとマイクにも声が通りやすく聞き取りやすく……頑張ってた部分をちょっと頑張らなくしようと思ってやってたら、声だけを聞いていた(石丸)幹二さんが「宗大がやってるのかと思ったよ」って、劇場での稽古の時に声をかけてくださって。そこで、ああだから自分が変えたところも違和感なくできてたんだな、そもそもやっぱり宗ちゃんはもうちゃんとスコーピウスだったんだなって、自分のスコーピウスの変化から宗ちゃんのスコーピウスを感じたんです。それは自分自身大きな発見でした。自分はどうしても経験値が浅いので、経験のある宗ちゃんが先に見えていたところが今見えてきてるんだ、もっともっと周りを見習って、まだまだ学べるところを学んでいかなきゃって。
門田宗大
──刺激しあって呼応しあってそれぞれの持つ魅力がさらに引き出されていく。これこそWキャストならではの実感ですね。
門田:ほんとに僕も刺激ばっかりです。相手のお芝居を見ているだけでもやっぱりすごく面白いですし、アルバスもスコーピウスもWキャストの全員芝居が違うしそれを全部その場で見て感じて。みんなで吸収し合って、アドバイスできるところはアドバイスし合って、切磋琢磨できています。「なるほどね、この解釈があるよね」っていうのをお互い気づかせ合えるのは、ものすごく魅力的な関係ですよね。僕の場合はキャストスケジュールが変わったことによって、今、稽古場が莉生チームにシフトチェンジしている。その分、また自分の初日までの稽古日数が増えたことを生かしたいな、と考えています。自分の中に当初の予定での完成に向けて積み上げてきたスコーピウスはあるけれど、せっかくなんでこの時間を使ってもうそれをぶち壊してみよう!と思って。今、ちょっとゼロにして解体しているところです。
──いいですね。それは時間がくれた新しいギフトになるかも。
門田:まだできてはないんですけど……「やってしまおう」という気持ちで取り組んでいきます。
斉藤:わっ、それは……そうなんだ、早く見たいな。
門田:うん、まずは一回ね、莉生に見てほしい。見て、なんか感想ほしい。
斉藤:もちろん。初日の順序は変わりましたけど、宗ちゃんと2人でスコーピウスを繋いでいって、お客様にそれぞれの良いところが出たスコーピウスを届けて行けたらなって、すごく思っています。
>(NEXT)瞬きの間もなくすべてがエンタメ! ロングランならではの成長と冒険を
──この先はプレビュー公演、そして本公演へ。改めてこれから出会うお客様へ、この舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』の見どころをお伝えください!
斉藤:瞬きしないでください(笑)。本当に頭から終わりまで、どこも目が離せないです。僕は稽古場での通し稽古も結構見てきたんですけど、どこのシーンをやってても何か魔法は起きてるし、何か舞台上の人は変わっている。セットも動いてますし、場面が転換するその転換の動きすらも見どころのひとつになってしまっている。もう本当に目が離せない! 全部がエンタメになってるので、お客様が気持ちを休められる時間はホントに休憩時間以外にはないって思っていただきたいですね(笑)。ライティングもすごいですし、音響もすごいし、衣装も装置も全部すごい! ぜひ生でこの世界を体験してもらいたいです。色々な席から何回でも観ていただいたらより楽しめると思います。もちろん人間ドラマもがっつりあって、まさにこれは「演劇」。でも体験するものとしては日常じゃ絶対できないことです。その中でスコーピウスはたくさん成長してたくさん冒険をしていきます。そして、愛されるところもたくさんあります。この作品を通じてよりスコーピウスのファンを増やしていけたら嬉しいですね。
門田:僕もほぼ一緒の気持ちなんですけど(笑)、これはものすごいエンターテインメント、本当に舞台としてとんでもないクオリティーのショーなんじゃないか……と思いきや、芝居があくまでもストレート。重厚なドラマがあり、歌って踊ってをやらなくてもこんなにエンターテインメントなものが創れるんです! そして、キャスト陣も本当に様々な世界から来ています。映画のスターであったり、舞台のスターであったり、宝塚歌劇団出身の方がいたり、お笑い芸人の方がいたりと、本当にいろんなジャンルから集まっている多彩さ。僕はこの作品、まさにエンタメの“異種格闘技戦”だと思っているので、その盛りだくさんの贅沢さを劇場で大いに味わっていただきたいですね。また、お話の内容としては長い長い時間の物語を描いていきます。これはもうほぼ大河ドラマですね。
左から 門田宗大、斉藤莉生
──確かに! 壮大なストーリー展開が待ち受けていますね。
斉藤:しかもロングランだから、本番の中でもどんどんお芝居が熟成されて……たぶん僕らもお互いに変わっていくと思う。だからこれ、例えば間を空けて1年後、2年後とかに舞台を観てもらったら、お客様から見てももうみんな全然違う芝居に育っているんじゃないかな。
門田:その話、現場でもホントによくするんですよ。「2年後の僕たちはどういう感じになってるんだろう?」って。
斉藤:どうなってるんだろうね。すごく知りたいし、すごく楽しみです!
門田:楽しみだよね。作品の成長も、僕らの未来も。

◇門田宗大
ヘアーメイク:松村南奈 スタイリスト:西脇智代
衣装:パンツ FACTOTUM 25,300円(税込)/シャツ remer 6,600円(税込)/ベスト remer 4,950円(税込)【問い合わせ先:Sian PR(渋谷区渋谷2-2-3ルカビルII2F~4F/03-6662-5525)】
◇斉藤莉生
ヘアーメイク:森本愛梨 スタイリスト:西脇智代
衣装:Tシャツ FACTOTUM 12,100円(税込)/ジャケットFACTOTUM30,800円(税込)/パンツ 1/F 26,400円(税込)【問い合わせ先:Sian PR(渋谷区渋谷2-2-3ルカビルII2F~4F/03-6662-5525)】
取材・文=横澤由香 撮影=岡崎雄昌

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着