WRC『ラリージャパン』のチケットが
7/16から販売開始! 「SS観戦券」は
7/28から

『FIA世界ラリー選手権 フォーラムエイト・ラリージャパン2022』が11月10日(木)~13日(日)、愛知県と岐阜県に設置された特設コースで開催される。そのチケット発売日が決定した。
『ラリージャパン2022』はFIA世界ラリー選手権(WRC)における今季最終戦となる国際レース。日本では12年ぶりの開催となり、世界最高峰の戦いをリアルで観戦できる絶好の機会となる。
なお、7月16日(土)に発売となるチケットは「豊田スタジアム/サービスパーク入場券」。サービスパーク、ヘッドクォーター、メディアセンターが設置される豊田スタジアムへの入場と、参加チームが集まるサービスパークへのアクセスが可能となるチケットで、各日ともに大人7,500円(税込)、子供3,000円(税込)となっている。
豊田スタジアムでは、11月10日(木)に『ラリージャパン2022』の開幕を告げるセレモニアルスタートが、13日(日)には大会の締めくくりとなるセレモニアルフィニッシュが開催される予定。サービスパークには、世界各地を転戦してきたラリーカーが一堂に会し、ワールドクラスのラリードライバーを間近に見ることができる。
なお、7月28日(木)には「SS観戦券」の販売が開始される。競技区間であるスペシャルステージでレースを観戦できるチケットとなっているので、ぜひセットで購入したい。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着