【ウラ芸能】大場久美子、第二の由美
かおるに「?」

デスク「いやぁ~、オイラくらいの年齢になると夏といってもなあ。ワクワクドキドキなんて瞬間はないよ…って、何の話だい?」

記者「TBS系の伝説的時代劇『水戸黄門』が2時間スペシャルで復活し、放送されます。その目玉が、1970年代の人気アイドル、大場久美子(55)の入浴シーンだっていうんです」

デスク「水戸黄門といえば、ご隠居こと先の副将軍・黄門が差し出す印籠か、前は由美かおる(64)演じる女忍者・かげろうお銀の入浴姿がドラマの象徴だったな」

記者「由美の寸止めヌードに全国のご老人がコーフンしたんですよね」

デスク「で、今度は大場が女忍者になって、里見浩太朗(78)演じる黄門さまら一行と旅に出るってか」

記者「いえ、今回は忍者ではなく、一行が旅の途中で出会う荷揚げ場の女親方・お美津という役。その男勝りな性格とは裏腹に熟れた裸身をチラリ…という設定です」

デスク「大場といえば、オイラの青春時代のアイドル、岡田奈々(56)と所属事務所が同じでさぁ…。奈々ちゃんの妹分的な売られ方をしてたんだよね」

記者「へぇ~、大昔過ぎて想像できません」

デスク「当時のアイドルの中で、大場はおっぱいが大きいイメージがあったけど、その後は没落芸能人の典型みたいに事業で失敗。自己破産したり、結婚離婚を繰り返して、本業での話題は少なかったよね」

記者「本人は1年半で14キロのダイエットに成功し、雑誌のグラビアに登場するなどして、こういう機会を待っていたようです」

デスク「とはいえ、10歳近く年上の由美と比べてもどうかね…。プロポーションでは劣るぞ。由美は若い時からスタイルがよくて、黄門に出る前に見せていたヌードにはお世話になったけどなぁ。大場にはそんなイメージ薄いぞ」

記者「いやいや、大場に郷愁を感じる世代も60歳前後には多く、TBSは新たな時代劇ファンの発掘につなげたいようですよ」

デスク「う~ん、ちょっと難しいと思うんだけどなあ。オンエアまでにいろいろ話題作りしないとそれだけじゃ辛いんじゃないの?」

記者「既に大場の入浴シーンの写真も公開されていますが、ちらちら写真を小出しにする"じらし作戦"で放送前まで関心を引き付けるでしょう」

デスク「で、スペシャルの数字がよければまたレギュラー枠で復活かな」

記者「月曜夜8時から時代劇が消え、NHKを除くとスペシャルでしか見られない現状が変わるかどうかは微妙ですね」

デスク「テレビでおっぱいが自由に見られた時代なんて20年以上前だから、寸止め場面がどれだけすけべじいさんを引き付けられるかは工夫が必要だな」

記者「元アイドルを順繰りに引っ張り出すっていうのはどうですか」

デスク「ああ、それならオイラも見たくなるな」

記者「すけべじいさんってデスクのこと?」

デスク「デヘヘ…」

【関連記事】

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』